PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

卓上型真空はんだリフロー装置 RSS-210-S

ユニテンプジャパン(株)

ギ酸・水素還元両対応

【RSS-210-S】は、加熱エリア下面にIR(赤外)方式のヒーターを装備し、卓上サイズながら最大到達温度400℃、最高180K/min.の高速昇温を実現した真空はんだリフロー装置。大気リフロー、窒素ガスパージリフロー、真空リフローに標準対応。水冷方式を採用しており、最大100K/min.の高速降温も実現。有効加熱エリアは210×210×50mmで、高さのある部品も実装できる。適切な真空ポンプとの組み合わせにより、チャンバー筐体は最大0.1Pa(10-3mbar)までの真空度に耐えられる。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
卓上型真空はんだリフロー装置 RSS-210-S

仕様

型番 RSS-210-S

その他の情報

・フラックスレスはんだ(還元方式)対応 ※フラックス入りはんだにも対応可
・卓上型サイズながら、最大到達温度400℃を実現 ※オプション時:最大到達温度500℃
・大気リフロー、窒素ガスパージリフロー、真空リフローに標準対応
・ギ酸還元リフロー、フォーミングガス(水素+窒素)リフローにオプションで対応可
・ワーキングエリアがガスシールドされているため、コンタミを気にするプロセスや、その他のクリチカルなプロセスに使用することが可能
・下面からのIR(赤外)ヒーターによって加熱が行われるため、正確で高速な加熱を行うことが可能
・適切な真空ポンプとの組み合わせによって、最大0.1Pa(10-3hPa)の真空環境を実現可能
・水冷方式による高速降温に対応
・タッチパネル式モニターを標準装備。タッチ操作による簡単なオペレーションが可能
・50セグメント(行)の温調プログラムを最大50プログラム、本体に登録可能
・経過時間、チャンバー内温度、チャンバー内真空度など、多彩なトリガーモードを使用可

関連製品カタログ

デジタル制御型自動はんだ送り装置 FD-180

プログラム機能により、異形ランドが混在した基板も1台ではんだ付け条件の管理が行えるデジタル制御型自動はんだ送り装置「FD-180」。 タッチパネルでの日本語による数値入力で、はんだ送り量をデジタル管理。

真空はんだリフロー装置 VSS-450-300
はんだ付けシステム FA-1000シリーズ
ブルーレーザフラックスレスソルダリングシステム
卓上型真空はんだリフロー装置 RSSシリーズ
コンプライアンス ライト 平行タイプ
MF-800
電動3爪ロボットハンド ARH305A

会社情報

ユニテンプジャパン(株)

ユニテンプジャパン㈱は環境にやさしい「ギ酸還元を使用したはんだリフロー」を提案いたします。

ユニテンプジャパン(株)
〒1940013
東京都 町田市原町田2-6-13 ベルストーク1 2階
電話: 0428607890
https://www.unitemp.jp/