製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

コアレス・ホール効果リニア電流センサIC ACHS-719xシリーズ

BROADCOM

最終更新日:2020/08/07

このページを印刷
  • コアレス・ホール効果リニア電流センサIC ACHS-719xシリーズ
電流センス範囲:±10~±50A、導通抵抗:0.7mΩ
【ACHS-719xシリーズ】は、産業および民生機器向けの、ホール効果素子を用いたACおよびDC電流センサIC。低導通抵抗リードフレームと高精度・低オフセットの差動リニア・ホール回路素子で構成され、導体に流れる電流により生じる磁界の強度に応じた電圧に変換する。総合出力誤差は±6.0%(最大)で、UL、cUL、IEC/EN 62368-1に準拠。

仕様

型番ACHS-719xシリーズ

その他の情報

    ≪主な特長≫
    電流センス範囲:±10A(ACHS-7191)、±20A(7192)、±30A(7193)、±40A(7194)、±50A(7195)
    導通抵抗:0.7mΩ
    動作温度範囲:-40~+110℃
    信号帯域:80kHz
    磁気ヒステリシスがほとんどゼロ
    総合出力誤差:±6.0%(最大)
    電源:+5V単一
    CMTI:25kV/μs
    4mm沿面SO8パッケージ
    絶縁電圧:3000Vrms/1分
    UL、cUL、IEC/EN 62368-1に準拠

製品カタログ・資料

コアレス・ホール効果リニア電流センサIC ACHS-719xシリーズ
コアレス・ホール効果リニア電流センサIC ACHS-719xシリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:1MB【ACHS-719xシリーズ】は、産業および民生機器向けの、ホール効果素子を用いたACおよびDC電流センサIC。低導通抵抗リードフレームと高精度・低オフセットの差動リニア・ホール回路素子で構成され、導体に流れる電流により生じる磁界の強度に応じた電圧に変換する。総合出力誤差は±6.0%(最大)で、UL、cUL、IEC/EN 62368-1に準拠。

会社情報

BROADCOM

AT&T / Bell Labs、Lucent、およびHewlett-Packard / Agilentの豊富な技術資産をルーツとするBroadcomは、私たちの世界をつなぐテクノロジーに焦点を当てています。 業界をリードして来たAvago Technologies、LSI、Broadcom Corporation、Brocade、CA Technologiesのシナジーにより、業界を未来に導く規模、範囲、および技術力を備えています。

Broadcomは、テクノロジー・リーダーシップと、カテゴリをリードする半導体およびインフラストラクチャ・ソフトウェア・ソリューションに注力しています。 そして、世界で最も成功している企業にサービスを提供する多数の製品セグメントのグローバル・リーダーとして、お客様が常に変化する環境でビジネスを成功・成長できるようソリューションを提供いたします。

(本サイトは、半導体製品の情報専用です。)

BROADCOM
〒 153-0042  目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ7F

https://jp.broadcom.com/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

コアレス・ホール効果リニア電流センサIC ACHS-719xシリーズへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

企業基本情報

社名:
BROADCOM
住所:
〒 153-0042
目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ7F
Web:
https://jp.broadcom.com/

おすすめ情報

  • 5Aピーク出力電流 短絡保護付きスマートIGBTゲート駆動フォトカプラ ACPL-351J/350J

    <5Aピーク出力電流 短絡保護付きスマートIGBTゲート駆動フォトカプラ ACPL-351J/350J>

    【ACPL-351J/350J】は、IGBT/MOSFETの診断、保護、および非絶縁型FAULTフィードバック付き5A出力高CMRのゲート駆動フォトカプラ。高いピーク出力電流と広い動作電圧範囲により、出力バッファ回路が不要になり、優れたタイミングスキューで伝播遅延を最小限に抑える。FAULTフィードバックを非絶縁としたことにより、費用対効果が柔軟になる。ACPL-350Jは、3Aピーク出力電流タイプ。

  • 光学反射型 STアブソリュート・エンコーダIC AR18/35

    シングルターン(ST)アブソリュート情報をDFNパッケージで提供

    【AR-18/35】は、光学反射型STアブソリュートエンコーダICと反射円板の組み合わせた製品。最低限の外付け部品(フィルター用のコンデンサ)で、1回転内を最大21bit分解能でアブソリュート情報を出力する。出力も簡単なSSI出力とESL(Encoder Serial Protcol)半二重通信の2種類から選択可能。また、アブソリュート情報出力だけでなく、最大8192CPRのインクリメンタル信号と最大64ポールUVW信号を、すべて作動信号(RS485互換)で出力する。動作電圧は5Vか3.3Vを選択。動作温度範囲は-40~+115℃で、サーボモータからステッピングモータまで一般産業用途で使われているモータに使用できる。外形:10.9×9.1×1.5mm。