製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

特集

  • EtherCAT 2024

    今年度はEtherCATの発表とEtherCAT Technology Group設立から20年という記念すべき年です。EtherCATは当初の基本プロトコル仕様には一切の変化を加えず、後方互換性を完全に維持したまま、多数の拡張をオプションとして追加することで進化してきました。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2024
  • CC-Linkファミリー対応製品特集 2024

    CC-Link IE TSNは、従来のCC-Link IEに対する市場からの要望に応え、Industry 4.0に代表されるIoT
    を活用したスマート工場の構築を加速させるネットワーク技術です。

    >>続きを見る

    CC-Linkファミリー対応製品特集 2024
  • EtherCAT 2023

    ここでは、EtherCATのこれまでのマイルストーンと現在の動向を紹介するとともに、初めてEtherCATのノード数を公表します。さらに新たな拡張機能であるダイナミックプロセスデータチャネル(Dynamic ProcessData Channel: DPC)の技術や利点を解説します。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2023
  • IO-Link 特集2023

    IO-Linkシステムではマスタのポートとデバイスを3本の導線(シールド不要)を使って1対1に接続しま す。多くの場合、IO-LinkマスタはリモートIOまたは制御機器(例;PLC)の入出力カードとなっています。マ スタは複数のポートを持っており、複数のIO-Linkデバイスと接続します。

    >>続きを見る

    IO-Link 特集2023
  • 産業オープンネット 特集2023

    工場内ではさまざまなベンダーから提供された多様な機器、装置が稼働しており、それをつないで、データ・情報を簡単に、効率よく、安定して通信させるネットワークが求められています。
    本展示会ではオープンネットワークを推進する団体と会社が、デモとセミナーを通して、産業用ネットワークを使うメリットを説明します。

    >>続きを見る

    産業オープンネット 特集2023
  • CC-Linkファミリー対応製品特集 2023

    日本発&初の産業オープンネットワーク「CC-Link」の仕様を2000年に発表した後、業界初の1 GbpsEthernetをベースとした産業用オープンネットワーク「CC-Link IE」を2007年に発表、そして2018年にはTSN(Time-Sensitive Networking)技術を世界に先駆けて採用した「CC-Link IE TSN」を仕様公開しました。

    >>続きを見る

    CC-Linkファミリー対応製品特集 2023
  • EtherCAT 2022

    EtherCAT Technology Group(ETG)の来年に設立20年を迎えます。1年あたり約500社の新規加入が続き、まもなく世界のメンバー数は7000に達します。日本のメンバー数は750社を超えました。ETGの活動は展示会出展をはじめとしてセミナーやイベントを再開し始めています。実開催では機器展示でEtherCAT製品を実際に手にとってご覧いただけます。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2022
  • CC-Linkファミリー対応製品特集

    従来のCC-Link IEに対する市場からの要望に応え、Industry 4.0に代表される「IoTを活用したスマート工場の構築」を加速するべく誕生しました。FA(生産現場)とITの融合を実現すると共に、効率的なプロトコルにより従来のCC-Link IEの性能・機能をさらに強化しました。また、開発手法の多様化によりさまざまなタイプの機器におけるCC-Link IE TSN対応が容易となります。

    >>続きを見る

    CC-Linkファミリー対応製品特集
  • 産業オープンネット 特集2022

    今日、産業用ネットワークとその周辺技術はさらに能力アップをし、使いやすくなってきました。本展示会では、オープンネットワークを推進する団体と会社が、デモとセミナーを通して産業用ネットワークを使うメリットを皆様に説明します。本年もたくさんの方のご来場をお待ちしています。

    >>続きを見る

    産業オープンネット 特集2022
  • CC-Link / CC- Link IE TSN 特集

    市場で既に多くの使用されているCC-Link、CC-Link IE Control、CC-Link IE Fieldについてもしっ
    かりと継続サポートし、さらにゲートウェイ等の品揃えにより既存機器やシステムとの融合も図ってまいり
    ます。

    >>続きを見る

    CC-Link / CC- Link IE TSN 特集
  • IO-Link 特集2022

    IO-Linkシステムではマスタのポートとデバイスを3本の導線(シールド不要)を使って1対1に接続しま す。多くの場合、IO-LinkマスタはリモートIOまたは制御機器(例;PLC)の入出力カードとなっています。マ スタは複数のポートを持っており、複数のIO-Linkデバイスと接続します。

    >>続きを見る

    IO-Link 特集2022
  • EtherCAT 2022

    EtherCATは、従来のフィールドバスのノードアドレススイッチやボーレートスイッチ、一般的な
    産業用イーサネットのIPアドレスなどのスレーブ側での設定を限りなく行うことなく、電源とネッ
    トワークケーブルを接続すれば動くようにするという設計思想で規格が作られています

    >>続きを見る

    EtherCAT 2022
  • CC-Link / CC- Link IE TSN 特集

    スマート工場を実現するためには、生産現場のデータをリアルタイムに収集し、そのデータををエッジコンピューティングで一次処理した上でITシステムへシームレスに送ることが重要です。生産現場のデータを活用するには、高速・安定した制御通信やITシステムへの大容量の情報伝送が可能なネットワークが求められます。

    >>続きを見る

    CC-Link / CC- Link IE TSN 特集
  • EtherCAT 2021

    EtherCATは最高速かつハードリアルタイムな産業用イーサネットとして、ますます採用が拡大し続けています。2021年11月1日時点のメンバー数は6365社となり、日本のメンバー数も700社を超えました。EtherCATの魅力は、高速性とリアルタイム性、高精度時刻同期機能、センサー・アクチュエーターをはじめI/Oとモーションさらにはセーフティデバイスの混在など性能的な側面だけではありません。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2021
  • IO-Link 特集2021

    IO-Linkシステムではマスタのポートとデバイスを3本の導線(シールド不要)を使って1対1に接続しま す。多くの場合、IO-LinkマスタはリモートIOまたは制御機器(例;PLC)の入出力カードとなっています。マ スタは複数のポートを持っており、複数のIO-Linkデバイスと接続します。

    >>続きを見る

    IO-Link 特集2021
  • CC-Link IE TSN 特集

    従来のCC-Link IEの特長を継承しつつ、時分割でリアルタイム性を実現するTSN技術を採用することにより、同一幹線上で複数の異なるネットワークの混在が可能です。さらに、効率的なプロトコルにより、高速・高精度なモーション制御を実現し、上位のITシステムから生産現場のFAシステムの階層を意識することなく、シームレスに連携し、製造業におけるさまざまなアプリケーションへの活用拡大が可能です。

    >>続きを見る

    CC-Link IE TSN 特集
  • EtherCAT 2021

    ITW Webinarのトピックの一つでもある新しく策定されたスレーブ設定情報とともに、マスターメーカーに依存しない診断インタフェースについて紹介いたします。これらの機能は両者ともにEtherCATを利用するユーザーの利便性を高める機能になり、EtherCATをさらに簡単に便利に使用できるように実装が望まれるものになります。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2021
  • CC-Link IE TSN 特集

    従来のCC-Link IEの特長を継承しつつ、時分割でリアルタイム性を実現するTSN技術を採用することにより、同一幹線上で複数の異なるネットワークの混在が可能です。さらに、効率的なプロトコルにより、高速・高精度なモーション制御を実現し、上位のITシステムから生産現場のFAシステムの階層を意識することなく、シームレスに連携し、製造業におけるさまざまなアプリケーションへの活用拡大が可能です。

    >>続きを見る

    CC-Link IE TSN 特集
  • EtherCAT 2021

    EtherCATのネットワーク設定は技術仕様がわからなくても簡単に動かせるようになっていますが、従来のフィールドバスを経験されている人たちからEtherCATの通信でどのようにスレーブを設定しているのかを知りたいという要望が寄せられていますので、2020年6月のトラブルシュートのヒントに引き続き、EtherCATのネットワーク構築に関する情報を解説することにしました。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2021
  • CC-Link IE TSN 特集

    一般社団法人CC-Link協会(CLPA)は、CC-Linkファミリーの普及活動をグローバル規模で展開するオープンネットワーク推進団体です。主な活動としては、CC-Linkファミリーの技術仕様策定やコンフォーマンステストの実施、CC-Linkファミリーを活用した機器や装置の開発サポート、ユーザーの機器選定支援、CC-Linkファミリー普及のためのグローバル規模での各種広報活動などがあります。

    >>続きを見る

    CC-Link IE TSN 特集
  • CC-Link IE TSN 特集

    CC-Link協会(CLPA)は、2000年の発足以降、CC-Linkファミリーの技術開発ならびにプロモーションにグローバル規模で力を注ぐ産業オープンネットワーク推進団体である。現在、国内・海外合わせて3,700社以上の企業が会員として加盟しており、300社以上のパートナーによる2,000機種以上の対応製品を取り揃えておりますいる。

    >>続きを見る

    CC-Link IE TSN 特集
  • IO-Link 特集2020

    IO-Linkはこの課題を解決するため、現場の比較的価格の安い機器もデジタルネットワークに接続し、測定値、操作値だけでなく、パラメータデータ、診断データ、そしてイベントの通信を可能にする技術です。IO-Linkのコンセプトはすでにマーケットで受け入れられ、2019年末までに累計1,600万台の機器が全世界で納入されました。

    >>続きを見る

    IO-Link 特集2020
  • EtherCAT 2020

    1Gb/10GbイーサネットベースのEtherCAT Gの仕様化作業や半導体製造装置向けデバイスプロファイルのコンフォーマンステストなどの新しい取り組みは順調に行われているところですが、今回はEtherCATを活用いただくため診断機能について解
    説してみました。

    >>続きを見る

    EtherCAT 2020
  • 産業オープンネット 特集2020

    生産現場で稼働するさまざまなベンダーの装置、機器からのデータ、情報を、簡単に、効率よく、そして安定して通信させることでオートメーションは発展してきました。IoT, Industry 4.0の普及が進むなか、オープンなネットワーク技術は、制御用途だけでなく、稼働管理、生産スケジューリング、保全管理のベース技術としてますます進化しています。

    >>続きを見る

    産業オープンネット 特集2020
  • EtherCAT特集 2019

    2019年9月24日にフランクフルトで行われたETG技術委員会会議においてEtherCAT G/G10の仕様化が正式に承認されました。EtherCAT G/G10はEtherC A T 通信仕様を完全に維持したまま、物理層をGb/10Gbイーサネット化します。従来の100Mbit/sのEtherCATプロトコルとの互換性は保たれ1つのネットワーク内に共存できるように設計されています。

    >>続きを見る

    EtherCAT特集 2019
  • 産業オープンネット 特集2019

    生産現場で稼働するさまざまなベンダーの装置、機器からのデータ、情報を、簡単に、効率よく、そして安定して通信させることでオートメーションは発展してきました。IoT, Industry 4.0の普及が進むなか、オープンなネットワーク技術は、制御用途だけでなく、稼働管理、生産スケジューリング、保全管理のベース技術としてますます進化しています。

    >>続きを見る

    産業オープンネット 特集2019
  • マイクロウェーブ展 特集2019

    マイクロ波工学の初学者を主に対象とした5件の基礎講座と5件の超入門講座、また、 内外の一流研究者が先端技術の発表を行う5つの特別セッションおよび19のセッションをアネックスホール、展示ホールD内の会場で並行して開催します。 なお、マイクロウェーブ展に出展している国内外の企業によるセミナーも行います。 皆様奮ってご参加ください。

    >>続きを見る

    マイクロウェーブ展 特集2019