製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI

(株)コンテック

最終更新日:2024/01/19

このページを印刷
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
  • アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LI
バス絶縁型アナログ入力、さまざまな入力レンジ入力方式に対応、12bit分解能のアナログ入力を搭載したバス絶縁モデル
【CPI-AI-1208LI】は、Raspberry Piにアナログ入力インターフェースを増設する拡張ボード。12bit分解能のアナログ入力を搭載。1モジュールでシングルエンド電圧入力8ch、差動電圧入力4ch、差動電流入力4chに切り替え可能。配線しやすいプッシュ式ブロック端子台を採用。HAT仕様にアドレスID設定を拡張、最大8枚のスタック接続できる。

仕様

型番CPI-AI-1208LI


※製品の仕様・色・デザインは、予告なしに変更することがあります。
※本内容については予告なく変更することがあります。
※最新の内容については、当社ホームページをご覧ください。
※情報は2023年7月現在のものです。
価格¥21,780(本体価格 ¥19,800)
CONTEC e-shop で購入
納期製品の在庫状況などについてはこちら
用途EV電気自動車検査装置(MLCC/パワーIC,コンバータ/インバータ,モーター/変速機E-Axle (eアクスル)向け特性選別/梱包/,外観検査,性能評価/漏電検査/,充放電検査),半導体製造・検査装置,パワー半導体,FA用途、装置内組み込み、
寸法65.0(W)×56.5(D) (ただし、突起物を除く)
スペーサー高さ:12.5mm
重量50g
対応規格VCCIクラスA、FCC クラスA、 CEマーキング (EMC指令クラスA、RoHS指令)
利用されている業界自動車、FA(ファクトリーオートメーション)、半導体、環境・エネルギー、医用、鉄道・交通機関
特長■バス絶縁型アナログ入力
バス絶縁型アナログ電圧入力、アナログ電流入力を搭載しています。差動入力で接続した場合、信号源との電位差が生じても正確な計測ができます。
■さまざまな入力レンジ入力方式に対応
拡張ボードのスイッチ設定で、電圧入力と電流入力の切り換えが可能です。 また、電圧入力ではソフトウェアで入力レンジ、入力方式(シングルエンド入力または差動入力)の切り替えが可能です。電流入力では、±20mAレンジ、差動入力方式になります。
■最大8枚までの接続が可能
同シリーズの拡張ボードを最大で8枚まで接続することが可能です。接続した拡張ボードは、本体のBoard ID設定スイッチで識別可能です。
※CPI-RASを使用する場合は、Board ID = 4の設定は使用できません。
■-20 - +60℃の周囲温度に対応
-20 - +60℃の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。
■電解コンデンサ不使用
短寿命部品の電解コンデンサを使用しないことにより、長寿命化を実現しています。
■Linuxに対応したドライバソフトウェア
アナログ入出力ドライバ API-AIO(LNX)を使用することで、Linuxのアプリケーションが作成できます。
評価機貸出コンテックの製品を無料でお貸し出しいたします。ご購入前の仕様確認、ご評価にぜひご活用ください。
ご依頼はこちら
サポート製品の保証内容についてはこちら
修理・供給・その他についてはこちら
対象製品の有寿命部品を含めた無償修理保証期間を延長するサービスです。詳細はこちらこちら

製品カタログ・資料

アナログ入力 Raspberry Pi 拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch) 電圧入力・電流入力CPI-AI-1208LI(102)ds_cpiai1208li
アナログ入力 Raspberry Pi 拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch) 電圧入力・電流入力CPI-AI-1208LI(102)ds_cpiai1208li

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:1.1MB本製品は、Raspberry Piにアナログ入力インターフェイスを増設する拡張ボードです。 12bit分解能のアナログ入力を搭載しています。1モジュールでシングルエンド電圧入力8ch、差動電圧入力4ch、差動電流入力4chに切り替え可能です。 ※製品の仕様・色・デザインは、予告なしに変更することがあります。 ※本内容については予告なく変更することがあります。 ※最新の内容については、当社ホームページをご覧ください。 ※情報は2023年7月現在のものです。

会社情報

(株)コンテック

私たちの商品を通じて、世界中の人々の暮らしをより豊かに。

1975年4月設立。 エレクトロニクスおよび情報関連分野でグローバルに事業を展開、あらゆる分野のオートメーションシステムにPC(パソコン)技術を活用した世界的パイオニア企業として、コンポーネント製品の提供とシステムインテグレーション技術でグローバル社会に貢献しております。 電子機器の総合メーカーとして高品位な産業用パソコン・拡張ボード・ネットワーク機器・ソフトウェアなどのコンポーネント製品を豊富に取り揃え、独創的な先進コア技術でお客様のご要望に応じたOEM/ODMやカスタマイズにも対応。 また、通信サービスやシステム機器を組み合わせた業種別システムパッケージを用意、トータルソリューションベンダーとして常にお客様視点の製品開発・サービス提供に努めております。

(株)コンテック
〒 555-0025  大阪市西淀川区姫里3-9-31
電話 : 03-5418-5970

https://www.contec.com/
詳細はこちら

アナログ入力 Raspberry Pi拡張ボード 12bit 8ch(差動4ch)電圧入力・電流入力 CPI-AI-1208LIのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

新着製品情報

企業基本情報

社名:
(株)コンテック
住所:
〒 555-0025
大阪市西淀川区姫里3-9-31
Web:
https://www.contec.com/
TEL:
03-5418-5970

おすすめ情報

  • ローコード開発を実現する統合開発環境 Visual Studio に対応したGUIベースの計測システム開発支援ツールです。当社製の豊富な計測制御デバイス PC-HELPERシリーズ(PCIe/PCI、USB、Ethernet)、産業IoT CONPROSYSⓇ nanoシリーズを使いアプリケーション開発する際に大変便利なコンポーネント集です。
    かんたん3ステップで、素早いアプリ開発。

  • デジタル入出力用HATカードがスタックされたラズベリーパイボード

    【ラズパイ計測制御もコンテック!~ Raspberry Pi対応HATサイズボード CPIシリーズ ~】

    ラズベリーパイの手軽さをFAに、計測制御に! 多段接続対応のHAT拡張ボードがRaspberry Piに新たな可能性を創造

    ・信号配線が簡単!プッシュイン式ブロック端子台
    ・ラズパイを産業用途に!RAS機能拡張ボードも提供
    ・Python対応! API&サンプル無料ダウンロード提供

  • OSシャットダウン処理が不要な「電断プロテクト™」機能搭載のファンレスボックスPC

    Windows OS搭載なのに、OSシャットダウン処理が不要?

    【BX-T210シリーズ】は、電源障害からのデータ保護とストレージへの書き込みを禁止する「電断プロテクト™」機能を搭載。Windows IoT Enterpriseのロックダウン (ディスク書き込み抑制) 機能と併用することで、シャットダウン処理なしで安全に電源OFFすることが可能です。また、突然の電源断によるファイルシステムやデータの破損を防ぐことができます。

    これで、UPS (無停電電源装置) の使用やコンピュータを別の電源系統にするといった対策はもう不要です!