製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部

アンドール・テクノロジーは、科学研究、ライフサイエンス、分析機器などに関わる世界中のお客様にご提供するために、高性能な科学グレードのカメラ、分光器、ソフトウェア、その他アクセサリを開発・製造・販売しております。弊社は1989年に設立され、本社は英国北アイルランドのベルファーストにあります。グローバルマーケットで活動しており、2000年8月に東京に日本支店を開設し、アジア太平洋を担当しております。

オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部の展示会・イベント

オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部の展示会・イベントをすべて見る>>

企業概要

社名オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部
住所〒141-0001
東京都 品川区北品川5丁目1番18号 住友不動産大崎ツインビル東館
Webhttps://andor.oxinst.jp/
FAX03-4510-3518

オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部のトピックス

2023/08/04

■事務所移転のお知らせ
この度弊社は、天王洲オフィス(東京都品川区)と日本橋ラボ(東京都中央区)を統合し、下記の通り事務所を移転する運びとなりました。

移転先住所:
〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目1番18号 住友不動産大崎ツインビル東館

TEL:03-4510-3520(代表)
FAX:03-4510-3518

移転先での業務開始日:2023年8月14日

2022/12/22

■年末年始のお知らせ
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社では、年末年始にあたり、下記のとおり休業とさせていただきます。

2022年12月29日(木) ~ 2023年1月4日(水)

※1月5日(木)より通常通り営業いたします。

期間中、お客様には大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
今年一年のご愛顧に心より感謝申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部のトピックスすべて見る>>

最新PDFもっとみる

シーメンス社製 中央監視システム Desigo CCアーチバック株式会社
会社案内株式会社フリップナビ
EKWB社製 水冷変換キット(株)キング・テック
60GHz無線通信装置 ecdi(株) パナソニック システムネットワークス開発…
金属イオン除去フィルタ MIPシリーズスリーエムヘルスケアジャパン(同)
企業ロゴ

企業基本情報

社名:
オックスフォード・インストゥルメンツ(株) アンドール・テクノロジー事業部
住所:
〒 141-0001
東京都 品川区北品川5丁目1番18号 住友不動産大崎ツインビル東館
Web:
https://andor.oxinst.jp/

おすすめ情報

  • <高速高感度科学研究用sCMOSカメラ ZL41 Cell/Sona-6 Extreme>

    【ZL41 Cell】は、「Zylaシリーズ」の長所を生かし、ライフサイエンス研究向けにリニューアルした高速高感度科学研究用sCMOSカメラ。読出しノイズ、ダイナミックレンジ、フレームレートを損なうことなく、広視野および高分解能を実現。生物科学から物理科学にいたる広範囲のアプリケーションにおいて大きな優位性を発揮する。また53fps(フルフレームで最大100fps)という高速フレームレートを実現。「Sona-6 Extreme」は、Sona-6の能力を最大限に引き上げ、読出しノイズを25%以上低減。新規搭載のハイスピード・モードは、135fpsを達成。

  • <高速共焦点顕微鏡システム Dragonfly 600>

    【Dragonfly 600】は、共焦点、落射蛍光、TIRFに対応した超解像ソリューションを統合し、優れたパフォーマンスを提供するスピニングディスク型の共焦点顕微鏡システム。新開発のハイパワーレーザーエンジン(HLE)と、独自のTIRFモジュール「B-TIRF(Borealis TIRF)」を利用した新しいTIRFイメージングモダリティを搭載。細胞内(nm)から生物全体(cm)までの優れた多次元画像を提供し、生産性の大幅な向上に貢献。

  • 2023年度オックスフォード・インストゥルメンツの予算申請用カタログです。
    マテリアルサイエンス、ライフサイエンス、セミコンダクター、バッテリー、量子技術、分光技術の6分野別に製品をご紹介しています。科学研究費などの予算申請にご利用ください。