製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

最終更新日:2024/01/17

このページを印刷
  • 航空宇宙用圧力センサ NG3000
航空機搭載用圧力トランスミッタ
【NG3000】は、現場での実績のある既存の「PTX/PMP3000」を進化させた航空宇宙用圧力センサ。堅牢な技術的ソリューションを高いコスト効率で提供する。商用航空と軍用航空の両方の需要に対応するよう設計されており、次世代エアモビリティ(AAM)や宇宙打上げロケットの発展途上の市場にも適している。

製品カタログ・資料

Next Generation 3000シリーズ
Next Generation 3000シリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.86MBNext Generation 3000シリーズ(NG3000)プラットフォームは、堅牢な技術的ソリューションを高いコスト効率で提供します。本製品は、商用航空と軍用航空の両方の需要に対応するよう設計されて認定を受けており、次世代エアモビリティ(AAM)や宇宙打上げロケットの発展途上の市場にも適しています。

会社情報

日本ベーカーヒューズ(株)&ベーカーヒューズ・エナジージャパン(株)

当社ベーカーヒューズは世界120カ国以上で事業を展開し、従業員数は68,000人。世界中のエネルギーおよび産業のお客様にソリューションを提供するエネルギーテクノロジーカンパニーとして、人々と地球にとってより安全で、よりクリーンで、より効率的なエネルギーの創出に取り組む会社として運営しています。

日本法人である日本ベーカーヒューズ(旧:GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ )は、ウェイゲート・テクノロジーズブランドの非破壊検査機器、パナメトリクスブランドの水分計、分析計、流量計、ドラックブランドの圧力計、圧力校正器、ロイターストークスブランドの放射線モニタリング用途のための高性能なガンマ線・中性子検出器などを提供しています。
ベーカーヒューズ・エナジージャパン(旧:GEエナジー・ジャパン)はベントリー・ネバダブランドの機器の振動計測、状態監視装置の販売、診断サービス、ネクサス・コントロールブランドのタービンおよびコンプレッサ制御プラットフォームと分散制御システム(DCS)やサイバーセキュリティを提供しています。

日本ベーカーヒューズ(株)&ベーカーヒューズ・エナジージャパン(株)
〒 104-0052  中央区月島 4-16-13

https://www.bakerhughes.com/jp
詳細はこちら

航空宇宙用圧力センサ NG3000のお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

新着製品情報

自動空気圧センサ KP467
自動空気圧センサ KP467インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)
Solid State中圧圧力センサ NPHシリーズ
Solid State中圧圧力センサ NPHシリーズオールデバイス株式会社

ランキング

企業基本情報

社名:
日本ベーカーヒューズ(株)&ベーカーヒューズ・エナジージャパン(株)
住所:
〒 104-0052
中央区月島 4-16-13
Web:
https://www.bakerhughes.com/jp

おすすめ情報

  • ≪Druck ハンドヘルド圧力校正器 DPI610Eシリーズ≫

    【DPI610Eシリーズ】は、高い利便性と信頼性を兼ね備えたハンドヘルド圧力校正器「DPI600ファミリー」の第6世代モデル。簡単操作の圧力測定と圧力発生、信号測定、ループ電源機能を組み合わせたユニットで、前モデルより大幅に改善されたポンプ機能と、使いやすいタッチパネルおよび物理的ボタンのユーザーインターフェースを搭載。現場作業向けに設計された堅牢なデザインで、試験や校正用途に適したソリューションを提供する。

  • 無線振動センサー Ranger Pro

    【RangerPro】は発電、石油、ガスおよびその他のエネルギー産業をサポートする幅広い機器に適応した、状態監視を実現するための振動加速度および温度監視用センサ。モノのインターネット(IoT)を活用し、小型で強力なワイヤレス振動センサーと状態監視システムで稼働時間、生産性、安全性を向上します。危険エリアなどのポータブル機器ではアクセスが難しい場所においても簡便な導入が可能。

  • Druck 技術資料 PACE圧力コントローラ制御スピード最適化ガイドPACEシリーズ

    Druck 技術資料 PACE圧力コントローラ制御スピード最適化ガイドPACEシリーズ: 本資料は、業界最速クラスの制御スピードを達成した「Druck」のPACE圧力コントローラの性能を最大限に引き出すための技術ガイド。なぜ高速制御で高精度な校正が行えるのかについてデータにて解説し、さらに、その性能を最大限に引き出すためのノウハウも紹介。「校正管理が簡単になった」「時間が節約できる」「生産コストを削減できた」と言われる理由が分かる。