製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

金属用ハンディタイプ硬さ計 QH-7シリーズ

ダコタ・ジャパン株式会社

最終更新日:2022/01/06

このページを印刷
  • 金属用ハンディタイプ硬さ計 QH-7シリーズ
測定に便利な機能を多数搭載、3モデルから目的に応じて選択可能
【QH-7シリーズ】は、厳しい環境に対応する堅牢な金属ボディで、背面には角度調整可能なスタンドを配置したハンディタイプの金属用硬さ計。UCI方式での硬さ測定に対応する「QH-7U」、リバウンド(リーブ)方式に対応する「QH-7L」、両方に対応する「QH-7C」の3モデルをラインアップ。UCI方式は小物部品や硬化層、熱影響部(HAZ)の測定に、リバウンド(リーブ)方式は結晶組織が大きな材料や表面がやや粗い部品の硬度測定に適している。表示スケールは、HV(ビッカース)、HB(ブリネル)、HRB(ロックウェルB)、HRC(ロックウェルC)などに対応、一般的なUCI・リバウンド硬さ計よりも測定範囲が広く、さらに高精度での測定が行える。データロガー:32,500件(8フォルダ)、外部接続:マイクロUSB(PC接続、充電用)/RS-232C出力(オプション)、寸法:165×65×105mm、重量:820g(バッテリー含む)、動作温度範囲:-10~+50℃、電源:内蔵バッテリー(充電式単三電池、1.2V Ni-MH)・約40時間動作。

製品カタログ・資料

UCI/リバウンド硬さ計『QH-7シリーズ』
UCI/リバウンド硬さ計『QH-7シリーズ』

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:2.22MBQH-7シリーズは、UCI(超音波接触インピーダンス)に加えリバウンド(リーブ)での硬度測定にも対応するハイブリッド硬さ計です。 UCIとリバウンドのそれぞれの長所を利用し、様々な金属の硬さ測定が可能です。 QH-7シリーズには、以下の3モデルをラインナップしています。    QH-7C   UCI / リバウンド硬さ計  QH-7U  UCI(超音波接触インピーダンス)硬さ計  QH-7L  リバウンド(リーブ)硬さ計 いずれのモデルも測定範囲が広く、他社の装置では測定できない柔らかい金属の測定にも対応します。さらに、測定のばらつきが非常に小さく信頼性の高い測定が可能です。難易度が高く検査員による差が出やすいUCI硬さ測定も、ソフトウェアのサポート機能により初心者でも安心して使用することができます。

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

金属用ハンディタイプ硬さ計 QH-7シリーズへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

新着製品情報

天然ガスカロリーメータ GasCVD形 CVM400
天然ガスカロリーメータ GasCVD形 CVM400アズビル(株) アドバンスオートメーションカンパニー
蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ
蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ株式会社日立ハイテクサイエンス
金属用ハンディタイプ硬さ計 QH-7シリーズ
金属用ハンディタイプ硬さ計 QH-7シリーズダコタ・ジャパン株式会社
Michigan Scientific社製 ホイール6分力計
Michigan Scientific社製 ホイール6分力計(株)東測
レーザ面内速度計 LV-7200
レーザ面内速度計 LV-7200(株)小野測器

企業基本情報

社名:
ダコタ・ジャパン株式会社
住所:
〒 330-0802
さいたま市大宮区宮町4-150-1
Web:
https://www.dakotajapan.com/
TEL:
048-783-5601