製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

Colibri製品ファミリー用キャリアボード Irisキャリアボード

Toradex Japan(株)

最終更新日:2020/06/10

このページを印刷
  • Colibri製品ファミリー用キャリアボード Irisキャリアボード
Colibri T20、T30、VF50、VF61、iMX8X、iMX6ULL、iMX6、iMX7の機能向上をサポート
【Irisキャリアボード】は、コンパクトなColibri製品ファミリー用キャリアボード。ColibriT20およびColibriT30の機能をさらに高めることが可能。

Colibri製品ファミリー用キャリアボード Irisキャリアボードのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

新着製品情報

企業基本情報

社名:
Toradex Japan(株)
住所:
〒 171-0014
豊島区池袋2丁目17-8  天翔オフィス池袋西口ANNEX-401
Web:
http://www.toradex.com/ja/

おすすめ情報

  • ■SO-DIMMモジュール Apalis T30

    【Apalis T30】は、既存のColibriシリーズよりさらに広範囲の産業インターフェイスをサポートするコンピューターモジュール製品ファミリー。クアッドコアのCortex A9 CPUを採用したNVIDIA Tegra T30プロセッサ搭載し、開発リソースとリスクを最小限に抑えた上で、最も先進的かつ確固たる製品の開発を可能にする。ベースボード上の高速信号配線の簡素化を可能にするDirect Breakoutを搭載したほか、MXM SnapLockは独特のコネクター構造でモジュールを固定する。PCIe、Serial ATA、カメラシリアルインターフェース、CAN、デジタルオーディオ、S/PDIFに対応。GPIOが3.3V耐性を持つ。このほかApalisは、最も要求の厳しいアプリケーションに対応すべく、既製の受動冷却手段にも対応。Linuxがプリインストールされて出荷。使用可能なOSはWindows Embedded Compact 7/2013、Linux。

  • ■Freescale Vybridプロセッサ搭載コンピュータモジュール Colibri VF61

    【Colibri VF61】は、Freescale Vybrid組込用SoCをベースにしたSODIMMサイズのコンピュータモジュール。優れたCPU能力とグラフィック性能(1024×768 24bpp)を最低限の消費電力で提供し、Cortex A5 CPUコアが最大500MHzで動作することに加え、M4コアも167MHzで動作する。67.6×36.7×6.2mmのボードにデュアルコア(ARM Cortex-A5&ARM Cortex-M4)、1MBオンチップSRAM、DDR3メモリーインターフェース、PHYを内蔵した2つのハイスピードUSB、L2スイッチを内蔵した2つのイーサネット、デジタルかアナログのビデオカメラインターフェースを搭載。Cortex-Aクラスのコアで商用OSを動かしながら、Cortex-MクラスのコアでRTOSを動作させるというソリューションに対して理想的である。また、すべてのColibriモジュールは電気的にピン互換となっており、既存ユーザーは現行のColibriPXAシリーズやColibri Txxから極めて簡単にColibri VF61へ移行できる。対応OSはWindows CE 6.0およびLinux。家電製品や産業機器における簡単なHMI、インフラや製造設備のセキュア制御、モータードライブや電源インバータなどのエネルギー変換アプリケーション、ロボットや産業用車両などのモバイル電池駆動システムの制御、といった広範なアプリケーションに最適。さらにオンチップの暗号化、セキュアブート、反タンパー、反クローンの強力な組合せを提供することにより、スマートグリッドや産業機器の制御などのセキュアに敏感、もしくは重要インフラのアプリケーションにも使用できる。