製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

低粘性シリコン コンパウンド MasterSil 151

Master Bond Inc.

最終更新日:2018/08/02

このページを印刷
  • 低粘性シリコン コンパウンド MasterSil 151
室温で硬化し、高温下で急速硬化
【MasterSil 151】は、室温で硬化し、高温下ではさらに急速硬化する低粘性シリコン・コンパウンド。電気絶縁特性(460V/mill)、高張力に優れ、高い光学的透明度を実現。動作温度範囲は−54〜+204℃。160%の破断点伸びでショアAコードは45。振動、衝突、衝撃に対して優れた耐久性を発揮。温度サイクリングにも耐性がある。

低粘性シリコン コンパウンド MasterSil 151へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

ランキング

特殊スポンジゴム スキンレススポンジ
特殊スポンジゴム スキンレススポンジホッティーポリマー(株)
ウレタン材料
ウレタン材料華陽物産株式会社
3Dフィラメント
3Dフィラメントイグス(株)
制振ゴム ハネナイト
制振ゴム ハネナイト内外ゴム(株)

    おすすめ情報

    • 風力発電装置の組立て・補修にも強みを発揮


      Master Bondのエポキシ接着剤は過酷な条件に耐えなければならない風力発電装置のすべてのコンポーネントやアセンブリを保護、結合、シーリング、固定、被覆、取付け、強化します。風力発電における多種多様な用途に対応する最高のエポキシをお探しなら、Master Bondお問い合わせください。


      エポキシは他の接着剤と比べて強度および耐久性に優れ、そのため構造体への使用に適しています。機械強度特性、寸法安定性、同種・異種基材の接着力に優れ、さらに耐薬品性、耐熱性もあり、非常に広範な作業温度域を持ちます。


      ●風力タービンのブレードアセンブリは数多くの接着、接合、結合部分からなり、レインディフレクターやフラップ、その他さまざまな空気力学的・環境的なサポート機器まで格納していますが、エポキシは、結合、空隙充填、金属インサートの取付け、ネジの緩み止め、外部部品との接合などで非常に効果的に使用することができます。


      ●ナセルの強度と寸法安定性を高めるために、ストリンガーなどの構造体が追加されるケースでは、機械的な結合が問題です。ドリル穴は弱点になりやすいため、シーリング処理が必要ですし、ナセルに使用される締結具は経年による応力亀裂の原因になりかねません。ナットとボルトによる締結は非常に面倒で、組立て作業に多くの労力を要します。エポキシなら、ナセルにドリル穴を開ける必要がなく、シーリング処理の面倒もないため、こうしたトラブルは発生しません。また、エポキシの硬化時間は可変できるため、簡単かつ恒久的にストリンガーを取り付けることができます。過酷な環境や過度な温度は伸縮の問題を引き起こしますが、特殊なエポキシなら、基材とともに伸縮するため、応力亀裂や層状剥離を引き起こしません。万一、補修の必要性がでてきた場合でも、エポキシなら簡単に使用して、硬化も速く、片側から簡単に作業することができます。


      ●発電機からギアボックス、さらにはハッチやステップまで、タービンナセルのすべての構成機器は強固に取り付けなければなりません。エポキシは、こうした取付具をナセルに完璧かつ効果的に接合し、しかもメンテナンスフリーです。さらに、ハッチなどの一部の構成機器はナセルに開口を設ける必要があり、シーリング処理が必要ですが、エポキシは、耐候性のモールドやシーリングストリップに理想的なソリューションを提供します。


      ●各種ナセルに使用されるベアリングは複合材料からなるコンポーネント内に取り付けられるので、強度の高い複合材料とベアリングとの間で長期にわたって寸法安定性を維持していくのが難しい場合が多いのですが、このような場合でも、エポキシは、ベアリングを非常に効果的に保持・安定させることができます。


      ●風力タービンの保守・点検となると、100〜200フィート(30〜60 m)上空での作業となるため、保守・点検が必要な部材を極力少なくすることが重要となります。エポキシは、製造時にも、また修理したコンポーネントを再取り付けする保守・点検時にも作業を簡単にし、長期にわたる保護機能を提供します。ブレードの修理、パイプやフランジのシーリング、電気/電子防護と絶縁などの用途にも長期にわたる強力で効果的な結合を提供します。


      ●さらにエポキシは、銘板の取り付け、腐食防止、電子制御機器の実装、強度アップや耐環境性を目的とした電気接続部の被覆といった一般的な用途にも使用することができます。