製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

3Dプリンタ受託造形サービス

日本金型産業(株)

最終更新日:2020/08/13

このページを印刷
  • 3Dプリンタ受託造形サービス
新しいものづくりをサポート
日本金型産業は、豊富な造形材(シリコン、アクリル、ゴム、プラスチック、ABS、PP、ナイロン、エラストマーULTEMなど)を使用して、3Dプリンタでの量産、試作サンプル、受託造形サービスを行っている。試作金型が不要なため、開発期間を大幅に削減。従来の切削品では不可能な形状も造形できる。組み立てた状態での造形にも対応。対応プリンタ:キーエンス製、3Dシステムズ製、ストラタシス製、Formlabs製、Z Corporation製、ミッツ製、Mark Forged製など。

製品カタログ・資料

3Dプリンタ受託造形サービス
3Dプリンタ受託造形サービス

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.46MB3Dプリンターで、シリコン、アクリル、ゴム、プラスチック、ABS、PP、ナイロン、エラストマーULTEMなどの量産、試作サンプル、受託造形承ります。試作金型不要で開発期間の大幅削減が可能。従来の切削品では不可能な形状も造形可能。組み立てた状態での造形もできます。 新しいものづくりをお手伝いします。 キーエンス、3Dシステムズ、ストラタシス、Formlabs、Z Corporation、ミッツ、Mark Forged など お気軽にお問い合わせくださいませ。

会社情報

日本金型産業(株)

日本金型産業株式会社(JTD)は、1959年(昭和34年)、世界のトップクラスに位置する日本の優秀な金型メーカー12社の共同出資会社として設立されました。日本の高品質な金型の世界各国への輸出を通じて、世界と日本の金型産業界の関係を深めてまいりました。このネットワークと物流・貿易ノウハウそして長年培ってきた金型への深い理解を生かして金型部品の輸入・販売そして、オリジナル製品の開発・販売と業務を拡大しています。また金型部品の海外への供給も行っています。いずれも、世界の金型事情に精通したJTDだからこそ可能な事業展開です。

日本金型産業(株)
〒 144-0051  大田区西蒲田5-27-1

http://www.jtdtky.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

3Dプリンタ受託造形サービスへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

企業基本情報

社名:
日本金型産業(株)
住所:
〒 144-0051
大田区西蒲田5-27-1
Web:
http://www.jtdtky.co.jp/

おすすめ情報

  • アンダーカット ダブルラックリフター

    <アンダーカット処理ダブルラックシステム>
    ・14mmから60mmまでのアンダーカットを処理可能
    ・アンダーカットの抜き角度は -55から+35に対応
    ・高精度の斜め加工が不要
    ・突出しはエジェクタプレートに対して垂直
    ・成形機のサイズダウンが可能
    ・加工時間、加工コストを大幅に削減

  • <Fluoramics社製 Tufoil製品/Hinder RUST製品>
    各種をラインナップ

    日本金型産業では、摩擦係数が低いTufoil製品、サビ落としおよび防錆効果のあるHinder RUST製品を取り扱っている。Tufoilテクノロジーを採用したエンジントリートメント添加剤はギネスブックにも認定されている。またHinder製品は無溶媒で、錆による腐食を止め、防錆および潤滑性能を持つ。強力な錆が発生した金属部に対して塗布することで確実な浸透効果を発揮し、稼働不可能であった金属製品を再稼働することができる。

  • <温度コントローラ A-MOLD>
    デジタル表示で見やすく、操作しやすい

    【A-MOLD】は、安全設計かつ本格的な機能を搭載し、デジタル表示で見やすく操作しやすいヒータ制御用温度コントローラ。コンパクト・軽量化により持ち運びが容易。ホットランナや加熱式金型の制御など、多用途で使用できる。1・2・4・6・8・12点制御の6機種をラインナップ。