製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

OPTIREG パワーマネジメントIC(PMIC) TLF30682/TLF30681

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)

最終更新日:2020/08/07

このページを印刷
  • OPTIREG パワーマネジメントIC(PMIC) TLF30682/TLF30681
高い効率性と柔軟性
TLF30682/TLF30681】は、入力ではバッテリ接続に耐えることができ、さまざまな負荷(CANトランシーバ、メモリモジュール、マイクロコントローラのコアなど)に電力を供給するように最適化された出力で3つの異なる電圧領域を提供するパワーマネジメントIC。7×7mm² VQFN-48パッケージで内部と外部の電圧監視を統合しており、ウィンドーウォッチドッグを特長としている。

その他の情報

    ・プレ/ポストレギュレータコンセプト:バック/SMPRバックおよびSMPRブースト
    –μC、MMICまたはDSP
    –コアまたはメモリ
    –トランシーバ
    ・統合されたレール用のUV/OV監視
    ・外部レール用のUV/OV監視
    ・柔軟なウィンドーウォッチドッグ

製品カタログ・資料

OPTIREG パワーマネジメントIC(PMIC) TLF30682/TLF30681
OPTIREG パワーマネジメントIC(PMIC) TLF30682/TLF30681

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.25MB【TLF30682/TLF30681】は、入力ではバッテリ接続に耐えることができ、さまざまな負荷(CANトランシーバ、メモリモジュール、マイクロコントローラのコアなど)に電力を供給するように最適化された出力で3つの異なる電圧領域を提供するパワーマネジメントIC。7×7mm² VQFN-48パッケージで内部と外部の電圧監視を統合しており、ウィンドーウォッチドッグを特長としている。

会社情報

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)

インフィニオンテクノロジーズは、ドイツに本社をおく半導体分野(マイクロエレクトロニクス)の世界的リーダーです。
車載用デバイス (車載LAN、パワー半導体、センサー、無線制御)、産業用半導体デバイス (MOSFET、IGBT、ダイオード、電源IC、個別半導体)、チップカード セキュリティ関連デバイス等、豊富な製品ポートフォリオと、システムノウハウ、アプリケーションへの理解をもとにお客様への技術提案を行っています。

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)
〒 141-0032  品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー21F

https://www.infineon.com/cms/jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

OPTIREG パワーマネジメントIC(PMIC) TLF30682/TLF30681へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

ランキング

60V・1A NO型ソリッドステートリレー(SSR) CPC1561B
60V・1A NO型ソリッドステートリレー(SSR) CPC1561BLittelfuseジャパン合同会社
電圧/電流レベル検知フォトカプラ ACPL-K370/K376
電圧/電流レベル検知フォトカプラ ACPL-K370/K376BROADCOM
OptiMOS IPOL 電圧レギュレータ IR3826M
OptiMOS IPOL 電圧レギュレータ IR3826Mインフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)
電源IC BU33UV7NUX
電源IC BU33UV7NUXコアスタッフ株式会社
電源&電源マネージメント製品
電源&電源マネージメント製品Rochester Electronics Ltd

企業基本情報

社名:
インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)
住所:
〒 141-0032
品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー21F
Web:
https://www.infineon.com/cms/jp/

おすすめ情報

  • <24GHzレーダーデモキット>

    本製品は、従来の24GHzレーダー性能を超える高精度な距離測定を可能にする24GHzレーダーデモキット。距離測定精度:+/-5cm、測定距離範囲:0.1~25m。24GHzトランシーバICにはBGT24MTR11を採用。24GHz VCO/送信/受信回路をワンチップ化。信号処理部に独自のアルゴリズムを採用。