製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

急速眼球運動解析装置 EyeLink Portable Duo

ゼロシーセブン(株)

最終更新日:2020/07/02

このページを印刷
  • 急速眼球運動解析装置 EyeLink Portable Duo
どこでも簡単に,高精度でアイトラッキングが可能
【EyeLink Portable Duo】は、カメラをノートPCに接続するだけで簡単に計測が行える眼球運動解析装置。クリニック、オフィス、ラボ、自宅など、どこでも簡単に高精度にアイトラッキングが可能。使い方は自在。ノートPCでも、三脚を使って簡易的に頭部固定しても使用できる。専用のキャリーバッグでノートPCやカメラをまとめて持ち運べるため、特別な梱包も必要なく、移動も容易。

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

急速眼球運動解析装置 EyeLink Portable Duoへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

ランキング

企業基本情報

社名:
ゼロシーセブン(株)
住所:
〒 107-0052
港区赤坂5-4-7
Web:
http://0c7.co.jp/

おすすめ情報

  • TI社製DSP用超高速エミュレータ

    【XDS560R】は、SpectrumDigitalブランドから登場したTI社製DSP用超高速エミュレータ。20pin CTIJTAGタイプと14pinタイプの2種類がリリースされ、ケーブルの付け替えだけで両立可能。従来のターゲットに加え、DaVinciにも対応済み。このほか、評価用ボード・スターターキットなども続々登場の予定。

  • レーザードップラー式血流画像化装置 MoorLDI2-IR

    MoorLDI2-IRとは、Moor社製レーザードップラー血流画像化装置の標準機になります。
    最大256×256ピクセル(65536ポイント)で血流状態を画像化(血流2次元画像)することができるので、鮮明に抹消血流の画像化が可能です。
    256×256ピクセル設定での測定時間は約4分〜10分になります。
    血流画像化できる測定範囲は最小5×5cm〜最大50×50cmです。
    プローブ式のレーザー血流計では1点の血流情報しか観察できませんが、MoorLDIレーザードップラー式血流画像化装置は血流状態を画像化およびカラー化することができるので、全体としての血流変化がだれにでも観察できます。
    LDI血流画像化スキャナーにはCCDカメラが搭載されているので、レーザードップラーで測定した血流画像とCCDカメラで撮影したカラーイメージが一緒に配置できます。
    また、MoorLDI2-IRではラインスキャン、リピートスキャンモード、シングルポイント測定が使用できます。