製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

波形同期型ハイスピードカメラ プレクスロガー PL3

ASPINA・シナノケンシ(株)

最終更新日:2022/07/21

このページを印刷
  • 波形同期型ハイスピードカメラ プレクスロガー PL3
1時間以上の長時間録画が可能
【プレクスロガー PL3】は、ハイスピードカメラと4CHのデータロガーが融合した品質・生産性向上に役立つ可視化ツール「プレクスロガー」の最新モデル。SSDを用いた長時間記録モードで1時間以上(最高10万fps)のデータ記録を実現。トリガ信号が得られない現場や、サイクルタイムが長い製造工程の高速な動きも長時間記録が可能。従来機種を踏襲したコンパクトサイズで、本体重量も約1.9kgのポータブル設計。工場内のさまざまな場所に持ち運びでき、セッティングも容易に行える。

仕様

用途評価、検証、解析、計測
利用されている業界自動車、精密機器、半導体、印刷機器、鉄鋼、建築、電子機器、食品、薬品、電気機器、素材、大学、学術機関ほか。

製品カタログ・資料

波形同期型ハイスピードカメラ プレクスロガー PL3
波形同期型ハイスピードカメラ プレクスロガー PL3

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.94MB【プレクスロガー PL3】は、ハイスピードカメラと4CHのデータロガーが融合した品質・生産性向上に役立つ可視化ツール「プレクスロガー」の最新モデル。SSDを用いた長時間記録モードで1時間以上(最高10万fps)のデータ記録を実現。トリガ信号が得られない現場や、サイクルタイムが長い製造工程の高速な動きも長時間記録が可能。従来機種を踏襲したコンパクトサイズで、本体重量も約1.9kgのポータブル設計。工場内のさまざまな場所に持ち運びでき、セッティングも容易に行える。

会社情報

ASPINA・シナノケンシ(株)

ASPINAは各分野でトップシェアの小型モータ・精密機器を開発・製造しているグローバルメーカーです。DCブラシレスモータやステッピングモータ、ブロワ・ファンモータ、各種アクチュエータ、ロボティクス関連製品を世界各地に販売しています。
パートナー企業の課題を解決するカスタム製品の開発・製造を得意とし、産業機器・家電・住設・自動車・医療・福祉分野で使われています。さらに、製品を1台から購入可能なカタログ品も揃えています。

ASPINA・シナノケンシ(株)
〒 386-0498  上田市上丸子1078

https://jp.aspina-group.com/ja/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

波形同期型ハイスピードカメラ プレクスロガー PL3へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

Sony IMX455搭載 61MPエリアスキャンカメラ VC-61MC-M/C13 H
Sony IMX455搭載 61MPエリアスキャンカメラ VC-61MC-…テクノホライゾン(株)
ハイスピードカメラ MEMRECAM GO
ハイスピードカメラ MEMRECAM GO(株)ナックイメージテクノロジー
高解像度ハイスピードカメラ Phantom Miro C321
高解像度ハイスピードカメラ Phantom Miro C321(株)ノビテック
ボディカメラ AAASBodyCamera
ボディカメラ AAASBodyCamera(株)アイフォーカス
組込み型スマートカメラ
組込み型スマートカメラVision Components GmbH 日本事務所

おすすめ情報

  • 製造現場「搬送自動化」ハンドブック

    【製造現場「搬送自動化」ハンドブック ~3分でわかる搬送自動化の教科書~】
    「搬送自動化」でお悩みの方に、ハンドブックをご用意しました。
    製造現場における工程の自動化の現状、搬送自動化のためのロボット・自動機の種類と特徴、AMRとAGVの違い、AMRの利用シーン、他のロボットや生産システムとの連携などを解説しています。
    ハンドブックをダウンロードして、搬送の自動化をご検討の際にご活用ください。

  • 生産自動化への挑戦を簡単に

    【セミナー資料公開中!】
    ASPINAは「生産自動化への挑戦」がテーマのWebセミナーを2021年11月~12月に全5回シリーズで開催しました。
    5回シリーズの初回『「生産自動化への挑戦を簡単に」電動3爪ロボットハンド ARHシリーズ 製造現場向けハイスピードカメラ プレクスロガー』(2021年11月16日実施)の資料をDL可能にしています。実際の生産自動化にお役立てください。