製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

最終更新日:2021/02/24

このページを印刷
  • 差動出力水晶発振器
400G対応小型光通信モジュールに最適
本製品は、OIF規格に準拠し、400~800Gの小型光トランシーバ設計に最適な小型高精度発振器。500MHzまでの高周波かつ低位相ジッタ特性を持ち、内蔵するHFF水晶振動子の周波数温度特性を補償する独自開発の小型発振器用ICを採用したことで、従来品より面積比で63%、体積比で44%まで小型化し、-40~+105℃における周波数許容偏差は1/2または2/5と、高い周波数精度を実現。

製品カタログ・資料

差動出力水晶発振器 SG2520EGN
差動出力水晶発振器 SG2520EGN

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.99MB● 水晶発振器 (SPXO) ● 周波数範囲 (fo): 25MHz~500MHz ● 出力: LVPECL ● 電源電圧: 2.5V Typ. / 3.3V Typ. ● 動作温度範囲: -40℃~ +105℃ ● 位相ジッタ: 29fs Typ. (fo = 391.77MHz)

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

差動出力水晶発振器へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

恒温槽付き水晶発振器 HSO-14
恒温槽付き水晶発振器 HSO-14(株)多摩デバイス
48MHz水晶振動子
48MHz水晶振動子アスニクス(株)
温度補償水晶発振器(TCXO) TG2016SLN
温度補償水晶発振器(TCXO) TG2016SLNセイコーエプソン株式会社 水晶デバイス
小型高周波対応 温度補償水晶発振器 NT1612AJA
小型高周波対応 温度補償水晶発振器 NT1612AJA日本電波工業(株)
水晶振動子 リードタイプ
水晶振動子 リードタイプ日興電子株式会社

企業基本情報

社名:
セイコーエプソン株式会社 水晶デバイス
住所:
〒 160-8801
新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー29F
Web:
https://www5.epsondevice.com/ja/

おすすめ情報

  • <プログラマブル水晶発振器 SG-8018シリーズ、新プログラミングライター SG-WriterII>

    「SG-8018シリーズ」は、周波数を容易に設定できることでご好評いただいているプログラマブル水晶発振器。
    SG-8002/SG-8003シリーズと比べ、周波数許容偏差は±50x10-6のままで動作温度範囲を+105℃まで拡大し、消費電流を低減した「SG-8018シリーズ」をラインアップしました。従来通りプログラミングツール「SG-Writer II」による書き込みが可能です。これにより、お客様の求める幅広い環境下での使用や、高性能化、低消費電力化、ならびに短納期開発、少量生産に大きく貢献するものと考えます。

    サイズはお客様の電子機器の実装面積削減に貢献する、小型の2.5×2.0mmのほか、ご要望の多い3.2×2.5mm、5.0×3.2mm、7.0×5.0mmの各種パッケージ品もそろえています。

    製品名は以下の通りです

    ・2.5x2.0mm SG-8018CG
    ・3.2x2.5mm SG-8018CE
    ・5.0x3.2mm SG-8018CB
    ・7.0x3.2mm SG-8018CA

    「SG-WriterII」は、「SG-8000」シリーズ専用のプログラミングツールとして、Windows7に対応した、よりリーズナブルな新しいライターです。お客様は本ライターを用い、プログラム上で必要な周波数、出力条件、駆動電圧を選択し、内蔵のメモリー(PROM)に書き込むだけで、周波数を容易に設定することが可能になります。

  • <温度補償水晶発振器(DTCXO)内蔵リアルタイムクロックモジュール RA8804CE/RX8804CE>

    【RA8804CE/RX8804CE】は、小型で高精度な音叉型水晶振動子を製造できるQMEMS4技術、その振動子を低電力で駆動させる新設計のIC回路設計技術によって、消費電流の削減と動作温度範囲の拡大を実現したリアルタイムクロックモジュール。パッケージサイズは、当社リアルタイムクロックモジュールで最小の3.2×2.5×1.0t(Max.)mmで、AEC-Q100に準拠した車載向けの「RA8804CE」および、産業用途向けの「RX8804CE」をラインアップ。従来品(RX8900CE)と比較して、消費電流は0.7μA(Typ.)から0.35μA(Typ.)へ50%削減し、動作温度範囲は85℃から105℃に拡大。さらに、プログラマブルな拡張割り込み機能、タイムスタンプ機能と24ビットタイマーを新たに搭載し、CPUの動作負荷の低減をサポートする。