製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

回生双方向直流安定化電源 PBWシリーズ

(株)テクシオ・テクノロジー

最終更新日:2021/12/21

このページを印刷
  • 回生双方向直流安定化電源 PBWシリーズ
小型・軽量、最大1000V/100kWまで対応可能
【PBWシリーズ】は、出力電圧:525V、出力電流:±30A、電力:5kWを基本とする、回生機能付き双方向直流安定化電源。最大電圧:1000V、最大電力:100kWまで対応可能な、直流電源、直流電子負荷の機能を搭載し、直流電源としての電力供給と電子負荷としての電力消費をシームレスに行える。また電力消費時には、回生機能により、商用電源側に変換効率最高92%で電力を戻すことができ、発熱が少なく空調電力に寄与し、省エネ対策にも効果を発揮する。バッテリーの充放電や新エネルギー向けのパワーコンディショナーなどの評価に最適。

その他の情報

    主な仕様
    ・出力電圧525V、出力電流±30A、出力電力5kW、回生電力5kW
    ・直流電源(電力供給)と直流電子負荷(電力消費)の機能をシームレスに動作可能な双方向電源
    ・最高92%の回生効率により、5kW電力消費時に損失は実質0.4kW
    ・定電圧(CV)、定電流(CC)、定電力(CP)の3つの制御モード
    ・CVもCCも安定した出力を実現
    ・最新のSiC半導体採用により薄く、小型軽量(ラックサイズ、薄さ1.5U相当、質量約18kg)
    ・5kWから導入可能、直並列機能により最大100kWまで提供
    ・直列接続により最大1000V、並列接続により最大600A対応
    ・可聴領域の騒音を抑えた高周波スイッチング
    ・スルーレート機能、内部抵抗可変機能搭載
    ・LAN、CAN通信、接点入出力に対応したDIO機能標準搭載

製品カタログ・資料

回生双方向直流安定化電源 PBWシリーズ
回生双方向直流安定化電源 PBWシリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:1.98MB

会社情報

(株)テクシオ・テクノロジー

“株式会社テクシオ・テクノロジー”は、直流安定化電源および電子・電気計測機器のメーカーです。
トリオブランド、ケンウッドブランドの計測機器も含めると、事業としては50年以上の歴史と実績があります。
取り扱い主力商品は直流安定化電源、電子負荷装置、オシロスコープ、マルチメータ、ファンクションジェネレータなど定評のある汎用計測機器を始め、お客様の個別ニーズに対応した特注電源装置など、次世代の為の価値ある電源・計測機器を創造し、 お客様の製品開発から生産までサポートしていきます。

(株)テクシオ・テクノロジー
〒 222-0033  横浜市港北区新横浜2-18-13 藤和不動産新横浜ビル7F

http://www.texio.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

回生双方向直流安定化電源 PBWシリーズへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

企業基本情報

社名:
(株)テクシオ・テクノロジー
住所:
〒 222-0033
横浜市港北区新横浜2-18-13 藤和不動産新横浜ビル7F
Web:
http://www.texio.co.jp/

おすすめ情報

  • <AV・汎用計測器 STW-S1/S2 >
    STW-9900/9800シリーズ専用

    【STW-S1/S2】は、STW-9900/9800シリーズ専用のスキャナボックス。本製品を使用することで、1台で複数のテストポイントへの試験が可能となる。STW-S1は、8chでAC耐圧試験・DC耐圧試験・絶縁抵抗試験に対応。STW-S2は8chのうち6chがAC耐圧試験・DC耐圧試験・絶縁抵抗試験に、2chがアース導通試験に対応している。最大4台で32chを使用しての複数接続が可能。STW-9900/9800の試験ごとにスキャナのチャンネル設定を保存し使用する。チャンネル設定はHI、LO、XとG(STW-S2)。

  • <4ch デジタルストレージオシロスコープ DCS-1000Bシリーズ>
    大容量10Mポイント/CHと最高50,000波形/秒の高速更新レート

    【DCS-1000Bシリーズ】は、高性能かつ豊富な機能を備えた7インチWVGAの大型ワイド画面と最大10Mポイント/CHの大容量波形メモリを有した、最高1GS/sの4CH/2CHデジタルストレージオシロスコープ。波形更新レートが最高50,000波形/秒のVPOテクノロジーと256階調表示により、発生頻度の少ない現象でも明瞭に観測できる。さらに、大容量10Mポイント/CHの波形メモリにより低速掃引でも詳細な波形を表示可能。フリーアプリケーションを追加することで、デジタルフィルタ機能・データログ機能を追加できる。また、オプションでセグメント機能、シリアルバストリガ・デコード機能、波形サーチ機能と3種類の上位クラスと同等の波形解析を追加できる。インターフェースは、全モデルにおいてUSBを搭載し、4CHモデルはLANインターフェースもサポートし、PCでコントロールすることが可能。