製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

40Gbps 光I/F画像入力ボード APX-3841

(株)アバールデータ

最終更新日:2020/07/09

このページを印刷
  • 40Gbps 光I/F画像入力ボード APX-3841
マシンビジョン向け、光I/Fカメラ用
【APX-3841】は、マシンビジョン向け、光I/Fカメラ用のOpt-C:Link画像入力ボード。「QSFP+」光モジュールを使用することで、1chあたり40Gbpsの転送速度を実現。カメラと画像入力ボードを光ファイバで繋ぐことで、ノイズに強く、数百メートルの距離を接続することも可能。画像データと制御信号を同じ光通信で実現でき、省配線にも貢献。

会社情報

(株)アバールデータ

アバールデータは、高い信頼性が要求される産業用分野で蓄積した豊富なノウハウをベースに、高度なコア・デバイス技術と最新の設計技術、ソフトウェア技術でお客様の問題解決をお手伝いします。パフォーマンス追求のためにLSI・FPGAを独自開発、製品に駆使するモジュール設計技術、リアルタイムOS移植からシステムのあらゆる階層に対応するソフトウェア開発技術、さらにマシンビジョン系画像処理や通信・ネットワークなど当社ならではの技術を融合して、お客様のビジネスをバックアップします。

(株)アバールデータ
〒 243-0438  海老名市めぐみ町2番2号 ViNA GARDENS OFFICE 14階
電話 : 046-240-6944

http://www.avaldata.co.jp
詳細はこちら

40Gbps 光I/F画像入力ボード APX-3841のお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

企業基本情報

社名:
(株)アバールデータ
住所:
〒 243-0438
海老名市めぐみ町2番2号 ViNA GARDENS OFFICE 14階
Web:
http://www.avaldata.co.jp
TEL:
046-240-6944

おすすめ情報

  • Mini-ITX COM Expressキャリアボード ASB-1300シリーズ

    【ASB-1300シリーズ】は、基板サイズをMini-ITX 規格としたCOM Express画像入力処理キャリアボード。カメラ用のインターフェースには業界標準のCamera Linkを2ch搭載。併せてGiga EthernetやUSBを持ち、様々なマシンビジョン分野のカメラが接続できる。また、高速カメラに対応するために独自に開発した光I/F Opt-C:Link(オプト・シー・リンク)は、100m超の長距離接続や、並列処理を実現する画像データの分配路にも応用が可能。さらに最新のCOM Express CPUモジュール(Intel Core i7/i5)を搭載することで、汎用PCに引けを取らないパワフルで小型な画像処理装置をインテグレートすることが可能となる。

  • 高速A/D変換ボード APX-500-414
    医療機器や計測機器などに最適

    【APX-500-414】は、400MHz高速サンプリングが可能な高速ADCを2chとデータ処理FPGAを搭載したA/D変換ボード。様々なトリガモードで必要なデータを取得できFPGAでデータ処理が行える。その他の特長は、
    (1)DDR2-SDRAM(SO-DIMM)を搭載(2GB)
    (2)DMAコントローラを内蔵しCPUを介さずメモリ転送が可能
    (3)GAIN調整・OFFSET調整機能
    (4)SPI Flash Memoryに初期設定情報を保存することが可能
    (5)PCI Express規格に準拠し様々なシステムに対応
    (6)PCI Express ×8レーンを使用した高速データ転送
    (7)外形寸法:312×111.15mm