製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

カメラエミュレーションシステム

株式会社ネットビジョン

最終更新日:2020/12/15

このページを印刷
  • カメラエミュレーションシステム
NVIDIA DRIVE PX2/AGX対応
本製品は、NVIDIA社のDRIVE PX2/AGXに対応するカメラエミュレーションシステム。パラレルジェネレータSVOとGMSLシリアライザボードを使うことで、カメラの代わりにPCからの映像をDRIVE PX2/AGXに入力することが可能。シミュレータで生成したCGデータの実像映像をDRIVE PX2/AGXに直接入力することで、実車でのテスト走行を大幅に減らすことができ、安全かつ経済的にスピーディな開発が可能。また、テスト走行データの再利用により、さらに開発スピードが数倍に向上。

会社情報

株式会社ネットビジョン

ニッチなエリアで、世界一を目指せる製品を提案していきます。商品開発と比較し、投資額は少ないが難易度は高い商品開発環境に着目し、安価で高機能な商品開発環境を提案しています。この商品開発環境製品を開発する為、自社でボードからFPGA、ソフト、ファームウェアと一貫して製品開発&生産できる体制を整えています。

株式会社ネットビジョン
〒 101-0045  千代田区神田鍛冶町3-8-6 第一古川ビル6階
電話 : 03-5577-5662

https://www.net-vision.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

カメラエミュレーションシステムへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

企業基本情報

社名:
株式会社ネットビジョン
住所:
〒 101-0045
千代田区神田鍛冶町3-8-6 第一古川ビル6階
Web:
https://www.net-vision.co.jp/
TEL:
03-5577-5662

おすすめ情報

  • MIPIモニターボード  SVM-06

     SVM-06は高性能版MIPIモニターボードです。MIPIインタフェースの映像信号を、録画・表示するためのボードです。HDMIモニターとUVC(USB3.0/PC)に出力ができます。
    従来製品のSVM-MIPIに比べ、MIPI各レーン当たりの転送レートを1Gbpsを1.5Gbps/レーンまで高速化しております。UVCとHDMIの同時出力も可能で、4K画像のHDMI出力も実現しております。
    FPGAをMIPI-PHY対応の、Lattice社CrossLinkとXilinx社Artix7の2個使いにしたことにより、バーチャルチャネル対応SerDesへの接続も容易になっております。
    マルチブート機能により、センサー2CHを同時入力したSide by Side画像出力、SVM-06を複数台用いた同期入力など、様々な機能を持たせることができます。また、Linux環境にも対応しております。

  • OmniVision社 MIPI イメージセンサ用 接続ボード  NV011-V

    「NV011-V」は、OmniVision社製評価ツールで使用されるMIPIイメージセンサボードを、弊社MIPIモニターボードSVM-06に接続する為のボードです。
    この環境を構築することにより、USB2.0環境での画像確認が、USB3.0環境での画像確認に移行できます。これにより、1080P(1920Hx1080V)-60fps画像の表示保存が可能となります。
    MIPIモニタボード「SVM-06」を使用することにより、イメージセンサからの映像信号をUSB3.0経由でPCに取り込む事や、4K 高解像度HDMIモニタに出力する事が可能です。