製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

クランプオンセンサ 9695-02

日置電機株式会社

最終更新日:2017/05/12

このページを印刷
  • クランプオンセンサ 9695-02
負荷電流用 電圧出力形
【9695-02】は、AC 50A測定に対応したクランプオンセンサ。同社のクランプオンパワーハイテスタ:3169/2300シリーズ、クランプロガー:LR5051(50Aセンサのみ)で電流入力用センサとして使用可能。最大許容入力(45〜66Hz):60A連続、出力電圧:AC 10mV/A、振幅確度(45〜66Hz):±0.3%、位相確度(45〜5kHz):±2°、周波数特性(振幅):40Hz〜5kHzで±1.0%(確度からの偏差)、測定可能導体径:φ15mm以下、寸法・質量:W50.5×H58×D18.7mm・50g、出力端子:M3端子台、オプション:接続ケーブル(9219) 3m。

会社情報

日置電機株式会社

オンリーワンへ挑戦し、高付加価値企業を目指しています。

日置電機株式会社
〒 386-1192  上田市小泉81

https://www.hioki.co.jp/jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

クランプオンセンサ 9695-02へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

おすすめ情報

  • AC/DCカレントセンサ CT6877

    <大電流・広帯域対応 高確度電流センサシリーズ>
    高確度測定のさらなる先へ。大電流化、高速化するEV/HEVインバーターの効率をより正確に測定できる電流センサシリーズのラインナップに、DC-1MHz, AC/DC 2000Aに対応する【CT6877】が新登場。同相電圧除去比(CMRR)を従来機と比較して大幅に改善し、今までノイズに埋もれていた電流を正確に測定できる。
    【CT6877】のほか、【CT6875】、【CT6876】、【CT6904】など、用途に合わせて選定することができる。いずれも、パワーアナライザ【PW6001】との組み合わせで最高のパフォーマンスを発揮する。

  • <メモリハイコーダ MR6000>
    従来比10倍、200MS/sの高速サンプリングでインバータ試験にも対応する波形記録計・レコーダ。最先端技術の高度な要求を満たすフラグシップモデル。高分解能16bitの32ch長時間測定は多面的な分析を可能にするほか、タッチパネルを搭載し洗練されたUI、リアルタイムセーブ・超高速データ転送、コンシェルジュ機能により設定/測定/確認/解析までをスムーズに行うなどの特長を備える。限られた時間で最大の成果を実現する技術者のパートナーとなる1台。