製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

漏れ電流試験器 ST5541

日置電機株式会社

最終更新日:2017/05/12

このページを印刷
  • 漏れ電流試験器 ST5541
一般電気機器の規格に対応
【ST5541】は、電気安全に不可欠な漏れ電流測定を測定する一般電気機器用の試験器。無停電極性切替機能を搭載、タクトタイムを大幅に削減する。定格電流20Aまで対応するため、新規格製品にも余裕を持って対応することができる。対話形式で簡単操作のタッチパネルを採用。通信機能と外部I/O装備により、製造ラインでの自動検査にも使用可能。その他の主な仕様は以下のとおり。

(1)測定方式:人体模擬抵抗間の電圧降下測定による電流値計算表示、真の実効値測定、 測定部は本体接地とフローティング
(2)測定モード:漏れ電流測定、電圧測定、保護導体電流測定
(3)漏れ電流計部:接地漏れ電流、接触電流3種、フリー電流測定、外装漏れ電流3種

製品カタログ・資料

漏れ電流試験器 ST5541
漏れ電流試験器 ST5541

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:2.65MB【ST5541】は、電気安全に不可欠な漏れ電流測定を測定する一般電気機器用の試験器。無停電極性切替機能を搭載、タクトタイムを大幅に削減する。定格電流20Aまで対応するため、新規格製品にも余裕を持って対応することができる。対話形式で簡単操作のタッチパネルを採用。通信機能と外部I/O装備により、製造ラインでの自動検査にも使用可能。その他の主な仕様は以下のとおり。 (1)測定方式:人体模擬抵抗間の電圧降下測定による電流値計算表示、真の実効値測定、 測定部は本体接地とフローティング (2)測定モード:漏れ電流測定、電圧測定、保護導体電流測定 (3)漏れ電流計部:接地漏れ電流、接触電流3種、フリー電流測定、外装漏れ電流3種

会社情報

日置電機株式会社

オンリーワンへ挑戦し、高付加価値企業を目指しています。

日置電機株式会社
〒 386-1192  上田市小泉81

https://www.hioki.co.jp/jp/
詳細はこちら

漏れ電流試験器 ST5541のお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

新着製品情報

マルチ監視ユニット BCRN3000
マルチ監視ユニット BCRN3000パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社 電…
高電圧・電流計測モジュール QUAD 2
高電圧・電流計測モジュール QUAD 2ATI Worldwide LLC
低抵抗計 MODEL3586
低抵抗計 MODEL3586鶴賀電機(株)
Bluetoothワットチェッカー RS-BTWATTCH2
Bluetoothワットチェッカー RS-BTWATTCH2ラトックシステム株式会社
通過形電力計 RM-NJ-031A
通過形電力計 RM-NJ-031A日本高周波(株)

おすすめ情報

  • <遠隔計測サービス SF4100シリーズ>
    【GENNECT Remote】は現場に設置した計測器のデータを携帯電話回線とクラウドサーバを使ってWebブラウザで確認できるサービス。新発売のProでは、測定器の設定や測定器に保存したファイルのダウンロードも可能になる。今まで別々に契約をする必要があった、遠隔計測に必要な要素を全てをパッケージして提供することにより、わずか5分でサービスを開始し、遠隔地の計測器の設定やデータ確認を出張せずにできる。

  • <メモリハイコーダ MR6000>
    従来比10倍、200MS/sの高速サンプリングでインバータ試験にも対応する波形記録計・レコーダ。最先端技術の高度な要求を満たすフラグシップモデル。高分解能16bitの32ch長時間測定は多面的な分析を可能にするほか、タッチパネルを搭載し洗練されたUI、リアルタイムセーブ・超高速データ転送、コンシェルジュ機能により設定/測定/確認/解析までをスムーズに行うなどの特長を備える。限られた時間で最大の成果を実現する技術者のパートナーとなる1台。

  • AC/DCカレントセンサ CT6877

    <大電流・広帯域対応 高確度電流センサシリーズ>
    高確度測定のさらなる先へ。大電流化、高速化するEV/HEVインバーターの効率をより正確に測定できる電流センサシリーズのラインナップに、DC-1MHz, AC/DC 2000Aに対応する【CT6877】が新登場。同相電圧除去比(CMRR)を従来機と比較して大幅に改善し、今までノイズに埋もれていた電流を正確に測定できる。
    【CT6877】のほか、【CT6875】、【CT6876】、【CT6904】など、用途に合わせて選定することができる。いずれも、パワーアナライザ【PW6001】との組み合わせで最高のパフォーマンスを発揮する。