製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

【カタログプレビュー】波長可変型光源 KT-M1020/M1021

【KT-M1020/M1021】は、ハロゲンを主光源として任意の波長を選択して照射する波長可変型光源。波長の選択にLVF(Linear Variable Filter)を採用し、LVFに照射される位置によって波長を選択する。分光イメージングでは物質の持つ光に対する反応、すなわち任意の波長における物質からの反射光・透過光・吸収光の違いを計測することにより、さまざまな対象物の異物混入・傷・内部状態などの検査を実現。SWIR帯域の波長を選択し、同社のSWIRレンズとIRカメラとの組み合わせで、効率的・効果的なシステムを構築する。
企業ロゴ

企業基本情報

社名:
(株)ケンコー・トキナー
住所:
〒 164-8616
東京都 中野区中野5-68-10 KT中野ビル
Web:
http://www.tokina.co.jp/fa/

おすすめ情報

  • 波長可変型光源 KT-M1020/M1021
    波長の選択にLVFを採用

    【KT-M1020/M1021】は、ハロゲンを主光源として任意の波長を選択して照射する波長可変型光源。波長の選択にLVF(Linear Variable Filter)を採用し、LVFに照射される位置によって波長を選択する。

    【仕様】
    ・LVF波長選択範囲:1250nm~2500nm(M1020)、900nm~1800nm(M1021)
    ・波長分解能:30nm/mmの変化(M1020)、20nm/mmの変化(M1021)
    ・絞り径:φ1.0~φ3.0を機構的に可変
    ・波長の設定・表示:2000nm(M1020)、1450nm(M1021)のLEDにて校正を行い基準点とし、基準点からの移動距離で波長を決定
    ・ランプ:12V100W全反射ミラー
    ・ファイバー長:1m耐熱多成分ファイバー(φ6)
    ・インターフェース:Dsub15P 光量のリモート制御 アナログ 0~5V供給
    ・電源:AC100V

  • 高解像度レンズシリーズ
    最大5Mカメラ対応!

    【特徴】
    ◆定評ある光学性能を更に向上。
    シリーズ全タイプで高解像度・高精細・高コントラストを実現。
    ◆作動距離(W.D.):65mm
    ◆全機種2/3型CCD対応。
    ◆従来機種では対応できない精密画像処理・各種検査に最適。

    【仕様】
    ◇光学倍率(倍)0.5〜4
    ◇W.D.(mm) 65または75
    ◇対応素子サイズ 2/3〜

    PDF資料ダウンロードは、こちらへ