製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

Linaro Ltd.

Linaroは、2010年からArmでオープンソースソフトウェア開発を推進しており、世界をリードする多くのArmソフトウェア専門家の本拠地です。メンバーやオープンソースコミュニティとともに、Armソフトウェアエコシステムの維持と改善に必要な作業を推進しています。
一般的なソフトウェアプロジェクトで共同作業を行うことで、全体的な断片化が減少し、メンバー企業はArmベースのソフトウェアの開発と検証のコストを削減できます。

Linaro Ltd.のトピックス

2024/06/04

■Linaro Connect Madrid 2024でのONELabの立ち上げ:旅の始まり

ONELabは、エッジおよびIoTデバイスの相互運用性テストに革命を起こすことを目的としたLinaroソリューションです。ソフトウェアとAIを使用して大量のデータを安全かつ確実に処理するという課題に取り組むことで、ONELabは業界で大きな進歩を遂げようとしています。ONELabの旅は今年4月のEmbedded Worldで始まり、5月のLinaro Connectで着地しました。Linaro Connectは、Arm エコシステム全体が集まる当社の年次カンファレンスです。ADLINK、AMD、Arm、Bosch Software and Digital Solutions、Qualcomm、Red Hat、Renesas、STMicroelectronics、TIなどのパートナーのサポートを受けて、この取り組みを正式に発表しました。

このブログでは、Linaro Connectで開催されるすべてのアクティビティを紹介し、参加者が相互運用可能なエッジおよびIoTデバイスのテストと作成方法にONELabがどのように革命をもたらしているかについて詳しく学べるようにしたいと思います。

水曜日の午前の基調講演では、Linaro CTOのGrant Likely氏が主導するパネルセッションからスタートし、AMDのTomas Evensen氏、TIのJonathan Humphreys氏、QualcommのGuru Chinnabhandar氏、Red HatのPeter Robinson氏、RenesasのSato氏が参加しました。

パネルセッションは、ONELab プロジェクトに参加する理由について活発な会話に発展し、ラボがさまざまなプレーヤーに提供できる高度な相互運用性機能に焦点が当てられました。ラボは、アプリケーションとさまざまな OSがスペクトル全体でシームレスに動作することを保証し、SystemReady 標準への準拠も保証します。つまり、さまざまな有効化ごとにカスタムソリューションを必要とせずにコラボレーションが強化され、運用時間の短縮、焦点の強化、準備の強化といった重要な改善が実現されます。

午後には、ONELabの実際の動作を披露し、プラグフェストとそれに続くアドバイザリミーティングで焦点が絞られました。パートナー エクスペリエンスとテクニカルサポートをリードするLinaroのDon Harbin氏とDaniel Thompson氏は、第4四半期にONELabを正式にリリースする計画を紹介しました。

議論された計画の中には、Linaroのラボ内でのテストから、パートナーのデバイスをローカルのラボに仮想的に配置することへの移行がありました。ライフサイクルの初期段階にあるシステムは、通常、供給不足で高価ですが、頻繁に更新される傾向があるため、ラボへの早期参加が可能です。テスト対象のデバイス(DUT)を、その立ち上げの専門家であるエンジニアに任せることで、発見された問題の発見と解決を大幅に加速できます。

画期的なハイライトは、多様なパートナー DUTをサービスに簡単に接続できることでした。TIとQualcommの両社がイベントにハードウェアを持ち込み、わずか30分でチェックが完了し、実行準備が整いました。この機能は、オンボーディングには現在多くの落とし穴があり、有効化には数日から数か月かかることを確信している大規模なボードファームの所有者にとって重要な変化を表しています。一方、ONELabを使用すると、この操作にかかる時間が大幅に短縮され、非常に簡単に実行できます。

Linaro Automation Appliance(LAA)は、UART、イーサネット、電源、リセットなどの両方のボードの重要な機能を制御することができ、ONELabにリモートで参加できるようになりました。

LAAは、広く採用されているLAVA CIモデルを使用した、故障したデバイスの完全な復旧を含む、生産規模のDUTへの完全なリモートアクセスを提供します。このセットアップにより、アプライアンスのリモート ブリングアップツールを使用して、それ以降のすべての有効化アクティビティをリモートで実行できます。

私たちは、ボードをケンブリッジのラボに直接発送し、残りの立ち上げ作業をケンブリッジ以外の従業員の1人に割り当てることで、この実現可能性を証明する予定です。

諮問会議も同様に生産的で、Arm、AMD、Qualcomm、Red Hat、Renesas、TIが参加し、将来の展望、ニーズ、機能について議論しました。

参加者全員の素晴らしい写真です。マドリードで過ごした素晴らしい時間の思い出、そして最初のONELab スプリントのシンボルにしたかったのです。

デバイスベンダー(OEMまたはODM)であり、標準に準拠したプラットフォームを選択して市場投入までの時間を短縮したい顧客に対応する必要がある場合、またはミドルウェアレイヤーまたはOSのベンダーであり、多数のプラットフォームとその寿命にわたってパフォーマンスを確保したい場合は、Linaroにご相談ください。ONELabが解決策です。

2024/05/15

■LinaroがLinaro ConnectでONELabを発表、エッジ コンピューティングの相互運用性テストに革命をもたらす

Linaro Connect、スペイン、マドリード[5月15日水曜日]–Armエコシステムでイノベーションを推進する大手エンジニアリング組織であるLinaroは本日、エッジデバイスとIoTデバイスの相互運用性テストに革命を起こすことを目的とした画期的な取り組みであるONELabの立ち上げを発表しました。この発表はLinaro Connectカンファレンスの2日目に行われ、クラウドネイティブエッジコンピューティングの課題に対処する上で重要なマイルストーンとなりました。

急速に進化する今日のデジタル環境において、洗練されたエッジコンピューティングソリューションの需要はかつてないほど高まっています。接続デバイスの急増と、データソースに近い場所での効率的なデータ処理の必要性により、クラウドネイティブエッジソリューションのシームレスな展開を保証するための相互運用性テストの重要性が強調されています。

Linaroの革新的な相互運用性テストプラットフォームであるONELabは、シリコンベンダー(SiP)とオリジナルデザイン製造元(ODM)がオペレーティングシステムやクラウドサービスとのハードウェアおよびソフトウェアの互換性を検証するための共同環境を提供します。このプラットフォームはテストプロセスを合理化し、市場投入までの時間を大幅に短縮し、互換性の問題に関連するリスクを最小限に抑えます。

「Armエコシステムにとって最も重要なカンファレンスであるLinaro ConnectでONELabを発表できることを嬉しく思います」と、LinaroのCTOであるGrant Likely氏は述べています。「ONELabは、クラウドネイティブエッジコンピューティングの課題を克服するための重要な一歩です。コラボレーションと相互運用性のテストを促進することで、エッジデバイスとIoTデバイス向けに、より安全で効率的かつスケーラブルなエコシステムを構築することを目指しています。」

ONELabの立ち上げはすでに業界リーダーからの強力なサポートを獲得しており、サポートパートナーにはADLINK、AMD、Arm、Bosch Software and Digital Solutions、Qualcomm、Red Hat、Renesas、TIなどが名を連ねています。

「接続デバイスの数が飛躍的に増加するにつれて、ソフトウェアの互換性が重要になり、開発者はスムーズな開発と市場投入までの時間の短縮を可能にするツールを備える必要があります」と、Armのソフトウェア担当SVPであるマーク・ハンブルトンは述べています。「ONELabは、Armエコシステム全体のコラボレーションの結果であり、大規模なエッジおよびIoTソリューションの展開において開発者をサポートします。」

「ADLINK SMARCモジュールの市場投入までの時間を短縮し、相互運用性テストの取り組みを効率化するために、LinaroおよびArmとともにONELabに参加できることを嬉しく思います」と、ADLINKのコンピューターオンモジュール BUのシニアプロダクトマネージャーであるHenri Parmentier氏は述べています。

「組み込みソフトウェアエコシステム内での標準化を推進し、開発者がさまざまなプロジェクトやベンダーのテクノロジをより簡単に統合できるようにするLinaroのONELabイニシアチブをサポートできることを誇りに思います」と、AMDの組み込みソフトウェアソリューションエンジニアリング担当ディレクター、Simon George氏は述べています。

「LinaroのONELabの立ち上げを歓迎します」とBosch SDSの製品およびソリューション責任者であるKai Hackbarth氏は述べています。「接続デバイスの重要性が着実に高まっているため、クラウドネイティブエッジソリューションの開発の市場投入までの時間を短縮し、非常に断片化された環境を克服するためには、相互運用性テストが不可欠です。ONELabの誕生は、組織間のシームレスなコラボレーションに基づいてエッジデバイスとIoTデバイスの導入をさらに促進するための重要なステップです。」

「Qualcommは、オープンソースOS/アップストリームカーネルとARM System-Ready-IRテストスイートの継続的なテスト/統合に向けて、RB2エッジコンピューティングプラットフォームをONELabに導入できることを大変嬉しく思っています」と、Qualcommのエンジニアリング担当シニアディレクターであるGuru Chinnabhandar氏は述べています。「これにより、RB1、RB3、RB5、RB3Gen2、RB5Gen2など、他の多数のIoTエッジコンピューティングプラットフォームへの道が開かれます。」

https://www.linaro.org/solutions/onelabをご覧ください

2024/05/13

■Linaro、SOAFEE統合ラボプロジェクトでルネサスと提携

Linaroは、先進的な半導体ソリューションの主要サプライヤーであるルネサス エレクトロニクス株式会社とのコラボレーションを発表できることを嬉しく思います。このコラボレーションは、SOAFEE 統合ラボ プロジェクトの前進における重要なマイルストーンとなります。

Linaroが主導するSOAFEE 統合ラボは、Linaroと他のSOAFEEメンバーによって開発されたオープンソースソフトウェアの包括的なテストスイートを提供します。このテストスイートは、SOAFEE アーキテクチャ内の標準化と相互運用性の促進に役立ちます。ラボとテストスイートは、SOAFEE テストスイート GitLabからアクセスできます。

この協業の下、ルネサスは自社のソフトウェアコンポーネントとSOAFEEアーキテクチャの互換性を実証し、検証することを約束しています。ルネサスはSOAFEE Labの主要プレーヤーとして参加し、Linaroの専門知識とリソースを活用してシームレスな統合を実現します。このパートナーシップにおけるLinaroのサービスの一環として、SOAFEEテストスイートは、LinaroがホストするSOAFEE統合ラボにリモート接続されたルネサスのR-Car H3eおよびR-Car S4スターターキットで実行され、結果はSOAFEEの公式ウェブサイトであるSOAFEE Community Integration Labで毎日公開されます。

「ルネサスとの今回のコラボレーションは、ソフトウェア エコシステムにおけるオープンソースのイノベーションと標準化を促進するという当社の取り組みの証です」と、リナロの最高技術責任者であるグラント ライクリー氏は述べています。「協力することで、共通のSOAFEE アーキテクチャと仕様を実装し、EWAOL オープンソース コンポーネントを実行する、成長を続ける主要な自動車開発プラットフォームのセットを確立しています。リナロがホストするSOAFEE 統合ラボでこのようなプラットフォームを継続的にテストすることで、ルネサスや他の業界プレーヤーは、共通ソフトウェア レイヤーの不要な断片化を回避することで、付加価値に集中し、所有コストを削減できます。」

「ルネサスは、自動車産業のソフトウェア定義アプローチへの変革をサポートすることに尽力しています」と、ルネサスのソフトウェア&デジタル化担当副社長である川口博文は述べています。「当社は他の企業と共同でSOAFEEに参加し、適切な標準を定義し、当社のR-Carデバイスでこの新しいアプローチの利点を実証しています。SOAFEEの統合ラボは、優れたハードウェアにアクセスし、新しいコンセプトを迅速に検証するための重要な手段です。」

この提携は、特にオープンソースソフトウェアと組み込みシステムの分野におけるテクノロジー業界におけるコラボレーションの重要性を強調するものです。

2023/01/31

Linaro が Arm社のForge ソフトウェア ツール 部門を買収

Linaroは、Arm®のエコシステム向けにソフトウェア・ソリューションを開発し、ソフトウェア開発ツールとサービスを提供する英国のオープンソースエンジニアリング団体です。本日、Arm Forgeハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)・ツール事業(Arm Forge)を買収する為の最終契約をArmと締結したことを発表しました。Arm Forgeは、サーバやHPCアプリケーション向けに、複数のコンピューティングアーキテクチャに対応した最先端のデバッグおよび性能解析ツールです。

Arm Forgeツールは、最新のコンパイラとC++標準からIntel、64ビットArm、AMD、Nvidia GPUハードウェアまで、コードのパフォーマンスと効率を最適化する機能を提供することで、ユーザーがHPC向けソフトウェアの効率を最大化できるよう支援するものです。

Armの開発ソリューション副社長のJavier Orensanz Martinezは以下のように述べています。「Armは2016年にAllineaとForge製品群(現在のArm Forge)を買収し、ArmとそのエコシステムがHPCおよびクラウド市場で成功するために必要な必須となる開発用技術にアクセスできるようにしました。 それ以来、Armと当社のパートナーは、この分野で急速に成長する地位を確立し、現在ではすべての主要なハイパースケーラがArmインスタンスを提供し、HPCおよびサーバアプリケーション用のArmベースのシステムが主要OEMから入手できるようになっています。Forgeツールは市場全体で利用され、拡大し続けています。Linaroのような信頼できるパートナーがこのビジネスを継続的に開発し、成長させるのにふさわしい時期なのです。」

買収の完了後、Arm Forge の事業は Arm から Linaro に移管され、一連のソフトウェア ツールは Linaro Forge となります。 Linaro は、Forge のエンジニアリング チームとビジネス チームを完全に統合し、Forge の既存のお客様に継続的なサポートとアップデートを提供する予定です。

LinaroのCOOであるRob Boothは以下のように述べています。「Linaroは2010年に設立され、Arm関連のコードベースを統合し、Armソフトウェアとの連携を容易にし、Armテクノロジーの展開を加速することを目的としています。これは、オープンソースのエンジニアリング ソフトウェア ソリューション、ツール、およびプロフェッショナル サービスを提供することで、今日もLinaroのミッションとなっています。現在、Linaroがすぐに使えるソフトウェア製品やツールを提供することは自然な流れであり、Armベースの製品開発をさらに加速させ、エコシステムを成功に導きます。マーケットリーダーで確立されたForgeにより、私たちはさらに拡大します。またForgeチームを迎えることを楽しみにしています。彼らの専門知識とLinaroの既存のHPCとコアエンジニアリングのスキル、オープンソースコミュニティの構築と活用能力、プロフェッショナルサービスの専門知識を組み合わせることで、Forgeを次のレベルに引き上げることができると信じています。」

詳細は以下よりご確認ください。
https://www.linaro.org/news/linaro-to-acquire-arm-forge-software-tools-business/

2023/01/20

■Linaro Connect
年に 1 回、エンジニア、テクニカル リーダー、世界をリードする Arm ソフトウェア エキスパートが集まり、Linaro Connect でエンジニアリング セッションとハッキングセッションを行います。
ここでは、Arm オープン ソース ソフトウェアの将来に関する議論が行われ、ソリューションが実装されます。 Arm ソフトウェア エコシステムで何が起こっているかを知りたい場合は、これが最適な場です。

次回の Linaro Connect は、26 日水曜日から 28 日金曜日まで、イギリスのロンドンで開催されます。
2023年4月 登録受付中!

Linaro Connect に登録して、世界をリードする数百人の Arm オープン ソース エンジニアに参加しましょう。

次回の Linaro Connect は、イギリスのロンドンで、2023 年 4 月 26 日水曜日から 28 日金曜日まで、The Park Plaza Riverbankにて開催されます。

1 月末までに登録すると、900 ポンドの割引チケット料金が適用されます。 チケットは2月から£1,200になります。

*尚、 講演者には無料パスが提供されます。

※リナロメンバー企業は、いつご予約いただいても割引料金でご利用いただけます。 Linaro会員企業の方で、まだ割引コードを受け取っていない場合は、connect@linaro.org に連絡して割引コードを受け取ってください。

詳細は以下よりご確認ください。
https://www.linaro.org/connect#registration

Linaro Ltd.のトピックスすべて見る>>

企業概要

社名Linaro Ltd.
住所〒108-0023
東京都 港区芝浦3-16-6-1003
Webhttps://www.linaro.org/
TEL080-3313-5586
住所(イギリス)Harston Mill, Royston Road Harston Cambridge CB22 7GG UK
設立年月日2010年6月
代表者Li Gong
主な事業内容組込みITのオープンソースソフトウェアの開発
企業ロゴ

企業基本情報

社名:
Linaro Ltd.
住所:
〒 108-0023
東京都 港区芝浦3-16-6-1003
Web:
https://www.linaro.org/
TEL:
080-3313-5586

おすすめ情報

  • ≪スマートカメラ≫

    本製品は、クラウドに接続し、その中の多数のプログラムから1つダウンロードするだけで、容易にそのカメラデバイスを新たな用途に適用できるスマートカメラ。また、カメラデバイス内に複数のプログラムをあらかじめ格納しておき、時と場合により適切なプログラムを利用することも可能。プログラムの更新も簡単に行える。ディープラーニングなどのAIを利用した画像認識や画像解析技術が各種カメラの用途として広がっており、これらのアルゴリズムは現在世の中に無数存在し、対象とする用途も多義に渡り、それぞれの特長も異なる。カメラデバイスの開発側はできるだけ1つのハードウェアにて複数の用途に適用したいと考えている。この場合、今までは1つのディープラーニングのプログラムをエッジデバイス内に格納しており、これを別の用途に展開するためにプログラムを変更するのは面倒な作業であったが、本製品により、この課題を解決することが可能となった。

  • ≪コンフィデンシャルAI≫

    Linaroでは、Confidential AIプロジェクトを提供。Armアーキテクチャ向けに、同社で進行中のいくつもの技術開発プロジェクトにまたがっており、これらには次のようなものがある。プロビジョニング、認証管理、Root-of-Trust、セキュアなセンサデータルート、TLS認証と AI推論をセキュアなサービスとして実行するものなど。また、Armアーキテクチャ上のセキュアなプラットフォームや一般的なソフトウェア構成に関する主要な標準やリファレンスを参照している。Confidential AIプロジェクトでは、Tensorflow Lite Microモデルを実行するセキュアなARoT(Application Root of Trust)サービスを、Trusted Firmware-Mを用いてインスタンス化。Trusted Firmware-M(TF-M)は、Armv8-M、Armv8.1-Mアーキテクチャおよびデュアルコアプラットフォームのためのセキュアな処理環境(SPE)を実装している。今後、uTVMへの拡張も予定されており、より柔軟なモデル構築が可能。推論モデルは、非セキュア空間で動作する擬似ドライバを介してアクセスされる。コンフィデンシャルAIプロジェクトには、複数の参加方法があり、ファウンディング・メンバーシップは、プロジェクトが必要とするソリューションを確実に提供するために、プロジェクトの方向性に直接影響を与えることに関心のあるユーザーに開かれている。メンバーになることで、エンジニアはLinaroの専門家チームや他の業界リーダーとともに、ソリューションのスコーピングと舵取りをすることができる。

  • ≪車載向けソフトウェア SDV(Software Defined Vehicle)開発支援≫

    Linaroは、メンバー企業と協力して、自動車、IoT、およびエッジソリューションの展開を加速させ、安全にするのに役立つオープンスタンダードとインターフェースの開発に取り組んでいる。Armエコシステムでのコラボレーションを主導し、企業が最新のオープンソーステクノロジーを使用できるように支援。同社には、70を超えるオープンソースプロジェクトに取り組んでいる250人を超えるエンジニアがおり、ソフトウェアとツールの開発と最適化、スムーズな製品展開の確保、およびメンテナンスコストの削減を行っている。作業は、人工知能、車、データセンターとクラウド、エッジとフォグコンピューティング、ハイパフォーマンスコンピューティング、IoTと組込み、モバイルなど、幅広いテクノロジー分野で行われてる。同社とそのメンバー企業は、リファレンスオープンソースソフトウェアを通じてSoftware Defined Vehicle革命の実現を支援する複数のプロジェクトを推進している。