製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

Web計測システム FBS-HORNET-SDI12

アスペクト・システム(有)

最終更新日:2015/08/05

このページを印刷
  • Web計測システム FBS-HORNET-SDI12
1つのCTDセンサでEC、水位、水温を同時計測
【FBS-HORNET-SDI12】は、太陽電池で充電しながら定期的な計測し、3Gで計測データを送信するシステム。1つのCTDセンサでEC、水位、水温を同時に計測が行え、CTDセンサを水中にいれて本体機器を設置すれば直ぐWeb計測を開始できる。SDI通信を利用するため連鎖的に同じSDI規格のセンサと連鎖的に組合せられる。

その他の情報

    《主な特長》
    ・CTDセンサを水中にいれて本体機器を設置すれば直ぐWeb計測を開始
    ・2Wの太陽電で内蔵のNiMH充電池を充電し24時間365日動作可能。乾電池だけでも3ヶ月以上動作する超省エネ設計。
    ・単管に簡単に金具のネジ1本で取り付けられる。
    ・太陽電池:2W(18×16cm)
    ・センサ:Decagon CTD(電気伝導度、水位、水温同時計測)SDI-12通信
    ・SDI通信なので芋づる式に同じSDI規格のセンサと芋づる式に組合せられる。
    ・一人で簡単に持ち運べ、簡単に設置できる様にコンパクトでありながら高機能の設計を行って完成したシステム(バッグに入れて簡単に持ち運び可能)。
    ・ケース内には、充電式乾電池、充電装置、計測・FOMA送信ユニット、3Gモデムを内蔵しており、-30~+60℃で動作する。
    ・Webでグラフや、CS データダウンロードのA サービスも提供し、手間がかからずにWeb利用を開始できる。
    ・機器費用も運用費用も手軽で、煩わしい現地データ収集・加工の手間を低減する。

製品カタログ・資料

Web計測システム FBS-HORNET-SDI12
Web計測システム FBS-HORNET-SDI12

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.09MB【FBS-HORNET-SDI12】は、太陽電池で充電しながら定期的な計測し、3Gで計測データを送信するシステム。1つのCTDセンサでEC、水位、水温を同時に計測が行え、CTDセンサを水中にいれて本体機器を設置すれば直ぐWeb計測を開始できる。

会社情報

アスペクト・システム(有)

屋外にそのまま簡単に設置できるWeb観測システムを提供します。

アスペクト・システム(有)
〒 181-0002  三鷹市牟礼6-25-5 三鷹市牟礼研究開発センター3F

http://www.aspect-sys.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Web計測システム FBS-HORNET-SDI12へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

GMH5650測定セット GMH5650-SET
GMH5650測定セット GMH5650-SET(株)サカキコーポレーション
微小硬さ試験機 PICODENTOR HM500
微小硬さ試験機 PICODENTOR HM500(株)フィッシャー・インストルメンツ
マルチガスプローブ MGP262
マルチガスプローブ MGP262ヴァイサラ株式会社
2入力大形表示器 MODEL:3019
2入力大形表示器 MODEL:3019鶴賀電機(株)
耐圧防爆対応 精密水晶発振式プロセス水分計 QMA601
耐圧防爆対応 精密水晶発振式プロセス水分計 QMA601ミッシェルジャパン(株)

企業基本情報

社名:
アスペクト・システム(有)
住所:
〒 181-0002
三鷹市牟礼6-25-5 三鷹市牟礼研究開発センター3F
Web:
http://www.aspect-sys.co.jp/

おすすめ情報

  • 太陽電池も観測もFOMA通信も全てがひと箱に入った一体型で手軽に設置利用できる。

  • LoRa屋外ウェブ観測システム FBS-HORNET-LORA

    【FBS-HORNET-LORA】は、屋外に設置して、単2アルカリ電池で約1年間にわたり連続動作する超省電力LoRa長距離無線観測ノードとLoRa/3Gゲートウェイ。観測ノードはアナログ4chとデジタル2chを搭載、1台に複数のセンサを接続可能(観測ノード:最大20台、センサ:最大120台)。時刻の自動調整やLoRaの通信が重ならない送信スケジュール、データ再送機能も搭載しており、安定した観測を継続。観測データは10分ごとにまとめてサーバーへ3Gで送信し、サーバで処理を行い、ウェブでグラフや表が利用できる。