製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

真偽判定測定器 SIGMASCOPE GOLD B

(株)フィッシャー・インストルメンツ

最終更新日:2021/02/12

このページを印刷
  • 真偽判定測定器 SIGMASCOPE GOLD B
貴金属の真偽を判定
【SIGMASCOPE GOLD B】は、非破壊で金インゴットや金貨が純金であるかを真偽判定する測定器。厚みが約18mmまでの金インゴットに対応し、保護フィルムの上からも測定が行える。測定値記録:256MB(アプリケーションと測定値)、電源:単3電池×4本・ACアダプタ(100~240V)。お問い合わせはこちらへ。

仕様

用途【貴金属の買い取り査定時の純金の真偽判定検査】
・金メッキをしたスチールコインの判別
・タングステンに金メッキをした金インゴットの判別
寸法本体寸法:170×89×40mm(L×W×H)
LCDディスプレイ:75×55mm(W×H)
重量約395g

製品カタログ・資料

真偽判定測定器 SIGMASCOPE GOLD B
真偽判定測定器 SIGMASCOPE GOLD B

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.27MB【SIGMASCOPE GOLD B】は、非破壊で金インゴットや金貨が純金であるかを真偽判定する測定器。厚みが約18mmまでの金インゴットに対応し、保護フィルムの上からも測定が行える。測定値記録:256MB(アプリケーションと測定値)、電源:単3電池×4本・ACアダプタ(100~240V)。

会社情報

(株)フィッシャー・インストルメンツ

Helmut Fischerは60年以上にわたり、膜厚測定、素材分析、微小硬さ試験、材料試験の分野において革新的な測定技術を開発してきました。
製品ラインアップには、極めて多様な用途や産業向けの測定・分析機器を幅広くカバーし、それぞれの用途に応じて最適な測定方式を用いて精度の高い結果をもたらします。電磁式、渦電流式、ベータ線後方散乱式、電解式、微小硬さあるいは蛍光X線式などいずれの測定方式においても豊富な技術と経験を持ち、あらゆるソリューションを提供してきております

(株)フィッシャー・インストルメンツ
〒 340-0012  草加市神明1-9-16

https://www.helmutfischer.jp/
詳細はこちら

真偽判定測定器 SIGMASCOPE GOLD Bへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

高精度温度指示計器 Additel 282
高精度温度指示計器 Additel 282マキシメーター・フルード・テクノロジーズ(株)
製品評価試験
製品評価試験日東工業(株)
バッテリー信頼性試験システム MODEL 17010シリーズ
バッテリー信頼性試験システム MODEL 17010シリーズクロマジャパン(株)
超音波ボルト軸力計 MAXIIJ
超音波ボルト軸力計 MAXIIJダコタ・ジャパン株式会社
マシンモニタリングシステム Artis
マシンモニタリングシステム Artisマーポス株式会社

企業基本情報

社名:
(株)フィッシャー・インストルメンツ
住所:
〒 340-0012
草加市神明1-9-16
Web:
https://www.helmutfischer.jp/

おすすめ情報

  • <微小部測定用蛍光X線方式膜厚測定器 XDV-μ>

    【XDV-μ】プリント回路基板、コンタクトピン、リードフレームなどの非常に小さく平らな部品や構造部分を測定
    最小径:10μmの集光レンズ(ポリキャピラリーレンズ)搭載と、検出器に、半導体検出器の中でも最高性能クラスとなるSDD(シリコンドリフトディテクタ―)採用により、微小部のメッキ膜厚を短時間で高精度に測定できる微小部測定用蛍光X線方式膜厚測定器。従来は測定できなかった微小部の薄膜メッキ、基板の微小パッドなども高精度に測定。また、集光レンズによりX線照射時のエネルギーロスが限りなく小さく、従来では難しかった厚付けスズメッキの下にあるニッケルメッキの膜厚測定にも対応。プリント基板やコネクタの小型化、薄膜化を実現する。

  • <マルチ測定システム FISCHERSCOPE MMS PC2>

    【FISCHERSCOPE MMS PC2】は、膜厚測定と材料試験を1台で測定することが可能で、品質管理が重視されるあらゆる分野で使用されているマルチ測定システム。高い汎用性を有し、多くの測定アプリケーションに応用できる。膜厚、導電率、フェライト組織量の測定に関して、高精度で再現性の高い測定を提供。また最大8つのモジュールボード搭載可能で、同時測定やプローブ交換することによりさまざまな測定が行える。LAN接続、USBポート、RS232接続によるデータ転送が可能。

  • <微小硬さ試験機 PICODENTOR HM500>

    【PICODENTOR HM500】は、ナノレンジの多層コーティング・微細構造物・メッキ断面などの硬さ測定ができる最上位モデルとなる微小硬さ試験機。プログラミング可能なXYステージ、電動Z軸、高倍率顕微鏡カメラを搭載し、微小部の硬さ測定も容易に行える。サンプルの前処理無しでほとんどのサンプルを素早く測定できる。