製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

NiagraVideo Corporation社製 アプライアンスエンコーダ

(株)アイ・エム・シー

最終更新日:2020/06/02

このページを印刷
  • NiagraVideo Corporation社製 アプライアンスエンコーダ
ポータブルかつ簡単操作、多様な出力フォーマット対応
アイ・エム・シーでは、米・NiagraVideo Corporation(ナイアガラビデオコーポレーション)社のアプライアンスエンコーダを取り扱っている。ViewCast社を会社のルーツに持ち、分離独立後はViewCast 社で培われた技術を継承しつつ最新の技術を取り入れて映像配信において必要不可欠なアプライアンスエンコーダを製造している。主製品であるGoStream(ゴーストリーム)シリーズは、放送局を始め教会、教育の場で広く利用されている。最新のH.264やHLSのみならずレガシー技術であるウィンドウズ・メディアにも対応し、かつ内蔵ディスクに録画する機能も備えており、日本においても多くの企業様、地方自治体様、大学などで運用されている。

会社情報

(株)アイ・エム・シー

“時代を変える先駆者を目指します”
当社は、2013年設立以来、お客様第一主義をモットーとし、RF/マイクロウェーブ、
ワイヤレス業界において世界中の先進的な技術と製品をお届けして参りました。
平成から令和へと時代は変わり、デジタル技術の更なる進化と共に、ビデオネット
ソリューション分野にも力を注いでおります。近年脚光を浴びているIoT、AI、5G等の
市場を始め、防衛分野や衛星分野においてワイヤレス、ビデオコンテンツは必要不可
欠な存在であり、進化を続けております。その進化に伴うお客様のご要望にお応えす
ることが、当社の使命と思っております。
会社は人と同じであり、古き良き文化を継承しつつも世代交代が必要であり、
より良い革新的な情報を元に、変わり続け成長していくものだと思っております。
当社はそのより良い革新的な情報を、今まさに熱意と柔軟な思考力で、お客様へ
お伝えし、業界に新たな時代の一歩を築き上げたいと思っております。
今や熟練の技術力と質の高い英語力、そして最高のコミュニケーション能力を
持ち合わせ、より素晴らしい世界の架け橋をつくることは商社として必要不可欠です。
今後も、お客様、仕入れ先様へ“ADD VALUE”を届け、互恵関係を構築し社会貢献
できますよう、一層の経営努力を行っていける企業であり続けたいと思っております。

(株)アイ・エム・シー
〒 160-0023  新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル805
電話 : 03-6908-9363

http://www.im-c.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

NiagraVideo Corporation社製 アプライアンスエンコーダへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

企業基本情報

社名:
(株)アイ・エム・シー
住所:
〒 160-0023
新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル805
Web:
http://www.im-c.co.jp/
TEL:
03-6908-9363

おすすめ情報

  • < X Microwave社製 開発ツール X-MWblocks >

    【X-MWblocks】は、67GHzまで対応のアンプ、ミキサを始めとするRF/マイクロ波ドロップイン部品で構成され、半田レスでテスト、評価、調整が簡単にできる開発ツール。半田付けやシルバーエポキシプロセスが不要で、数千のブロックの中から選択し、オンライン・システム・シミュレータで製品の特長を最大限に発揮すべくモデルを提供。部品、モジュール設計の開発スピードと開発コストを最大限に削減できる。

  • < arQana社製 各種製品 >

    アイ・エム・シーは、シンガポールで設立されたRFソリューション半導体メーカであるarQana(アルクァナ)社の各種製品を取り扱う。ラインアップは、HPA/PA/Driver/LNA(+Limiter)/FEM/Attenuator/Phase Shifter/Switchで、周波数:DC-30GHz。arQana社は設立6年を経てGaAs/GaN/SiGe全製品の評価ボードを確保。ISO9001認定施設を保有しており、主にLEO衛星通信地上局(Ka/Ku帯)用およびPhased Array Radar(S/X帯)用に量産開始するほか、2021年より5G(Sub-6)向け製品(フロントエンドモジュールを含む)を随時リリース予定。SWaP-C(サイズ・重量・電力・コスト)を抑えたソリューションを提供すべく、日本市場に上陸する。