製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ

日本ムーグ株式会社 東京支社

最終更新日:2021/04/21

このページを印刷
  • 高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ
  • 高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ
  • 高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ
  • 高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ
高電流・高電圧対応で建設機械に最適
【SER/SEAシリーズ】は、工業用カーボンブラシやコンタクトリベットまたはワイヤーを含み、高電流を均等に分配するように設計された製品。データ転送システム(スリップリング)やハイブリッドシステム(ロータリージョイントとスリップリングの一体型製品)と組み合わせることが可能。

仕様

型番SER/SEAシリーズ
価格お問い合わせください
納期お問い合わせください
用途•クレーン
• 包装機
• 船舶の推進装置
• ターンテーブル
• 風車
利用されている業界建設機械業界

その他の情報

    追加可能オプション例
    • ロータリージョイント(液体/気体)
    • 光ファイバーロータリージョイント(FORJ)
    • 保護等級(IP65/IP69K/IP67)
    • 位置センサー(エンコーダ/レゾルバ)
    • ハウジング
    • ケーブルハーネス

製品カタログ・資料

【データシート】高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ
【データシート】高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.28MB【SER/SEAシリーズ】は、工業用カーボンブラシやコンタクトリベットまたはワイヤーを含み、高電流を均等に分配するように設計された製品。データ転送システム(スリップリング)やハイブリッドシステム(ロータリージョイントとスリップリングの一体型製品)と組み合わせることが可能。

会社情報

日本ムーグ株式会社 東京支社

このサイトではアニマティクスを筆頭とするEMMC部門の製品、およびスリップリングアンドマリン部門の製品を紹介しています。EMMC部門の代表的な製品は、サーボモータ・コントローラ・ドライバ・エンコーダを一体型にした「スマートモータ」です。その他ブロワやブラシレスDCモータを取り扱っています。
スリップリングアンドマリン部門では世界トップシェアを誇るスリップリングを取り扱っています。いずれも米国やドイツ等に工場をもち、日本では営業・技術サポートを提供しています。スリップリングは代表的な型式については日本に在庫をもち1週間程度で提供が可能です。いずれの製品も弊社指定代理店を経由し販売しております。弊社または代理店へお気軽にお問い合わせください。

日本ムーグ株式会社 東京支社
〒 180-0004  武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
電話 : 0463-55-8533

http://www.moog.co.jp
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

高電流・高電圧対応スリップリング SER/SEAシリーズへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

ランキング

企業基本情報

社名:
日本ムーグ株式会社 東京支社
住所:
〒 180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
Web:
http://www.moog.co.jp
TEL:
0463-55-8533

おすすめ情報

  • <一体型サーボモータ スマートモータ Class 5シリーズ>

    一体型サーボモータのスマートモータ「Class 5シリーズ」は、コントローラとドライバが一体になった一体型のDCサーボモータ。制御盤レスのためコンパクトで、配線数の削減を実現。シンプルな設計で使いやすく、不具合が発生した際も一体型モータユニットを交換するだけですむため、メンテナンスコストを大幅に削減することが可能。旧モデルと比較し、プロセッサー処理能力は約5倍。豊富な通信オプションにより、容易に制御が行える。

  • <防水・防塵対応一体型サーボモータ SM23165MT-IP>
    IP65/67に準拠

    【SM23165MT-IP】は、IP65に準拠した防水・防塵対応のサーボモータ。モータにマスターコントローラ機能とドライバを内蔵したシステム一体型であり、省配線・省スペース・開発時間の短縮など、メリットが多い。また、モータ内のメモリにプログラムを書き込むことで自律制御が行え、多軸制御も可能。新開発のCombitronic通信を利用することにより、補間制御も可能。