製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ

株式会社日立ハイテクサイエンス

最終更新日:2021/06/04

このページを印刷
  • 蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ
ポリキャピラリ光学系と高性能半導体検出器を搭載
【FT160シリーズ】は、微小・微細な電子部品などに施されたナノオーダーレベルのめっき膜厚測定に対し、ポリキャピラリ光学系と高性能半導体検出器を搭載し、高精度・高スループットを実現した蛍光X線膜厚計の最新モデル。X線光学系にポリキャピラリの採用により約30μmφに高輝度な1次X線を照射し高精度測定を実現。検出器系には高性能半導体検出器(SDD)を採用し、高計数率半導体検出器(SDD)で高精度測定が行える。画像処理ソフトウェアによる自動測定アシスト機能を搭載し、正確な多点自動測定による高効率化を実現している。シンプルなソフトウェアデザインとヘルプ機能により操作が容易で、日々のルーチン測定は、登録したアプリを用いて簡単に行える。作業者の安全・安心に配慮した装置デザインで、X線漏洩のリスクが非常に少ない密閉型筐体を採用。また、扉開口部を大きくし、試料の視認性や操作性を追求している。

製品カタログ・資料

蛍光X線膜厚計 FT100シリーズ
蛍光X線膜厚計 FT100シリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:5.36MB40年以上の実績を有するFT100シリーズを紹介。

会社情報

株式会社日立ハイテクサイエンス

株式会社日立ハイテクサイエンス*は、日立ハイテクノロジーズグループの、分析・計測装置メーカーです。
幅広い製品ラインアップで、電子デバイス・環境・素材・エネルギーなどの産業分野、大学・研究機関での研究開発など、多彩な分野における観察・検査ニーズにお応えします。
*エスアイアイ・ナノテクノロジー株式会社より、2013年に商号変更いたしました。

株式会社日立ハイテクサイエンス
〒 105-6411  港区虎ノ門一丁目17-1

https://www.hitachi-hightech.com/hhs/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

蛍光X線膜厚計 FT160シリーズへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ
蛍光X線膜厚計 FT160シリーズ株式会社日立ハイテクサイエンス
GMH5650測定セット GMH5650-SET
GMH5650測定セット GMH5650-SET(株)サカキコーポレーション
レーザ面内速度計 LV-7200
レーザ面内速度計 LV-7200(株)小野測器
水位観測用局舎(シェルター・収納箱)
水位観測用局舎(シェルター・収納箱)株式会社北村製作所
記録計 SH-101PA
記録計 SH-101PA(株)セコニック

おすすめ情報

  • ■示差走査熱量計(DSC) NEXTA DSCシリーズ

    【NEXTA DSCシリーズ】は、従来からの世界最高レベルの感度とベースライン安定性をそのままに、「Real View」の温度範囲を拡大、温度変調による比熱容量測定に対応した示差走査熱量計。さらに安全性に配慮した設計に進化している。高分子材料や無機材料、医薬品などの研究・開発ではもちろん、幅広い分野の品質管理部門でも、最先端の技術を容易に活用できる。「DSC600」「DSC200」ともに中心熱流方式のセンサ形状を採用。ヒートシンクからサンプルとリファレンスに均一に熱流入するため、安定したベースライン性能に貢献。加熱炉の断熱には低熱容量の金属製三層断熱構造を採用することで、世界トップレベルのベースライン再現性と高い安定性を実現。「NEXTA DSC600」では示差熱検出(DSC信号)の温度センサである熱電対を複数本直列に接続し多重化(サーモパイル)させた自社開発サーモパイル型DSCセンサを搭載することで、0.1µW以下という高感度を実現し、より少ない試料での測定が可能となった。

  • ■示差熱熱重量同時測定装置(TG-DSC) NEXTA STAシリーズ

    【NEXTA STAシリーズ】は、デジタル水平差動天秤方式に加えて、新しく取り入れた天秤制御技術により、ugオーダーでのベースライン安定性、再現性を実現した示差熱熱重量同時測定装置。高い温度制御技術によるさまざまな温度プログラムへの対応、DTAからDSCに進化し比熱容量測定まで対応、試料観察測定の対応、新規に設計したガス流路によって高いレベルのガス置換性を実現している。従来の測定用途に加えて、先端材料の成分定量や、複合材料の成分定量、微量水分量の定量といった分析に威力を発揮する。