製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

LANトーナー/トレーサー/プローブ IntelliTone Pro 200

フルーク・ネットワークス

最終更新日:2018/01/17

このページを印刷
  • LANトーナー/トレーサー/プローブ IntelliTone Pro 200
ノイズや偽の信号を完全に遮断することで、ケーブル位置検出の混乱を解消
【IntelliTone Pro 200】は、アクティブ・ネットワークに接続されたケーブルのトレースと位置検出が可能なデジタル式ネットワーク・トーナーおよびプローブ。先進的な可視性で、パッチパネル、スイッチ、成端ブロック、束に埋もれたネットワーク・ケーブルなどの位置確認をより効果的に行える。あらゆる作業環境に対応する最強のケーブル位置確認技術を備え、デジタル・モードを使用して、稼働中のネットワーク上で安全かつ効果的にデータ・ケーブルをトレースし、位置確認ができる。また、アナログ・モードを使用すれば、個々のワイヤー・ペアの切り分け、および音声、オーディオ、ビデオ・ケーブルのトレースが行える。

製品カタログ・資料

ケーブル試験のトラブルシューティングとツール・ガイド
ケーブル試験のトラブルシューティングとツール・ガイド

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:3.3MB物理層の重要性とLAN配線試験用ツールの選択指針。

会社情報

フルーク・ネットワークス

フルーク・ネットワークスはネットワークの構築、運用、管理を強力にサポートする携帯型LANテスターをはじめ、次世代ネットワークの通信品質を支える情報配線インフラの認証、検証、検査をカバーするケーブル・アナライザーなどのLAN試験ツールをご提供しています。

フルーク・ネットワークス
〒 108-6106  港区港南2-15-2品川インターシティ B棟6F

http://jp.flukenetworks.com/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

LANトーナー/トレーサー/プローブ IntelliTone Pro 200へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

ジェネレータ IMU-MGS/IMU-MGE
ジェネレータ IMU-MGS/IMU-MGE日本オートマティック・コントロール(株)
独立電源 水位Web観測システム
独立電源 水位Web観測システムアスペクト・システム(有)
プログラマブル電流増幅器 CA5351
プログラマブル電流増幅器 CA5351(株)エヌエフ回路設計ブロック
最大35GHz ハイパーログアンテナ HyperLOG4000シリーズ&3000シリーズ(アクティブ指向性、パッシブ、受動)
最大35GHz ハイパーログアンテナ HyperLOG4000シリー…ウェーブクレスト株式会社
振動計 XL2
振動計 XL2エヌティーアイジャパン(株)

企業基本情報

社名:
フルーク・ネットワークス
住所:
〒 108-6106
港区港南2-15-2品川インターシティ B棟6F
Web:
http://jp.flukenetworks.com/

おすすめ情報

  • <LAN配線認証用テスター DSX-8000>

    【DSX-8000】は、25G/40GBASE-T対応で、データセンター向け配線規格カテゴリー8(Cat8)に完全準拠したケーブルアナライザ。Cat6Aで8秒を実現した最速クラスのテスト機能を搭載。クラウド環境で複数の測定プロジェクトを同時に管理できる「LinkWare Live」にも対応し、スマートフォン感覚のタッチパネル操作で、テスト時間の高速性と複雑な認証プロセスの管理を実現する。認証試験時間の低減化や作業の効率化、稼働率向上により、データセンターにおけるトータルコストの低減に貢献する。



  • 【MicroScanner® PoEビューアー】は、最も一般的な産業用イーサネット・ケーブル問題を4 秒で解決するオール・イン・ワンタイプの低価格ネットワーク・テスターです。
    配線・サービス検査、さらにPoEスイッチの給電クラス(1~8)を検知できるためPoE機器設置時の機器同士の相互稼働性の確認にも役立ちます。

  • <銅線ケーブル配線検証テスター CableIQ>

    【CableIQ】は、ネットワーク技術者用の伝送スピード検証テスター。初心者の技術者であっても、既存のケーブルがどの速度をサポートしているかの確認、ネットワーク問題からケーブルを素早く切り分け、およびケーブルの終端がどうなっているかをディスカバーするビジョンを提供することが可能。既存のインフラを最良に利用する上で、ネットワーク技術者は素早くトラブル・チケットを解決することができ、呼び出し中の時間を削減し、費用を抑えることができる。