製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

Wi-Fi専用ネットワーク警告灯 DN-1600W

(株)アイエスエイ

最終更新日:2020/12/23

このページを印刷
  • Wi-Fi専用ネットワーク警告灯 DN-1600W
ユーザーニーズに応え、インターフェースをWi-Fi専用機能に変更
【DN-1600W】は、手のひらサイズのネットワーク警告灯「どこでも警子ちゃんシリーズ」のWi-Fi専用モデル。GIGAスクール構想やリモートワーク推奨オフィスでの利用を想定して開発。設置場所を選ばず、壁面への取付けにも対応。ネットワーク経由で制御できるため、さまざまな機器と連携可能(プロトコル:HTTP、MQTT)。感染症対策にも配慮して、アラーム解除の方法には非接触センサを採用。ランプの点灯は、赤/黄/緑/青/水/紫/白の7色マルチカラーからシーンに合わせて選択可能。POP/IMAPメール対応警告灯「メル丸くん」を親機としてシステムを構成し、複数箇所へメール配信が行える。

製品カタログ・資料

Wi-Fi専用ネットワーク警告灯 DN-1600W
Wi-Fi専用ネットワーク警告灯 DN-1600W

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:1.07MB【DN-1600W】は、手のひらサイズのネットワーク警告灯「どこでも警子ちゃんシリーズ」のWi-Fi専用モデル。GIGAスクール構想やリモートワーク推奨オフィスでの利用を想定して開発。設置場所を選ばず、壁面への取付けにも対応。ネットワーク経由で制御できるため、さまざまな機器と連携可能(プロトコル:HTTP、MQTT)。感染症対策にも配慮して、アラーム解除の方法には非接触センサを採用。

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Wi-Fi専用ネットワーク警告灯 DN-1600Wへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

ランキング

高圧電気の通電表示器 ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)
高圧電気の通電表示器 ENERGY CHECKER(エナジーチェ…(株)Wave Energy
J-ALERT一体型受信機 JARS-1000
J-ALERT一体型受信機 JARS-1000センチュリー・システムズ(株)
放電検出ユニット Spartect
放電検出ユニット Spartect日東工業(株)
DIN72取付 電子音警報器 XVSA7
DIN72取付 電子音警報器 XVSA7シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会…

企業基本情報

社名:
(株)アイエスエイ
住所:
〒 160-0022
新宿区新宿6-24-16 新宿6丁目ビル
Web:
http://www.isa-j.co.jp/

おすすめ情報

  • ネットワーク対応機材障害自動復旧装置 ギガ・ブート
    ギガビットLANポートを標準で搭載

    【ギガ・ブート】は、ギガビット・ネットワーク環境下で稼働するネットワーク装置を単独で監視し(ネットワーク警告灯 警子ちゃんの機能)、障害発生を検知すると機器電源のオン/オフを自動で行う(ISAパワーマネージメント)機能で、ネットワーク対応機材を簡単・安全・確実に復旧させる装置。
    導入のしやすさと基本機能を充実させた「赤のギガ・ブート」。これに環境センサー情報の取り込みや他製品への接続機能を付加した「黄色のギガ・ブート」。シリーズ最高峰で、無停電電源装置との連携やUSB機器との接続、障害通知機能として音声ファイル再生機能などを搭載した「青のギガ・ブート」の3製品。

  • システム自動運転管理制御装置PM-7050VX
    高度なセキュリティエンジンを搭載し、安全・安心のセキュリティ対策が可能

    【PM-7050VX】は、ミッション・クリティカルなITシステムの電源を監視し、システム全体または一部のシステム運転を安全かつ簡単に統合制御する自動運転管理制御装置。データセンタでの電源冗長化・ネットワーク冗長化環境への設置に最適で、各社の無停電電源装置との連携を通して自動運転管理制御を行えるほか、施設電源の停電信号との連携にも対応し、電源異常を検知すると、接続されたシステム機器やインテリジェント電源分配装置を制御してシステムを安全にシャットダウンする。また、計画停止やサイクル停止・再起動自動運転では、PCなどで作成した年間稼働停止計画ファイルを直接本体に送り込んで、スケジュール稼働を可能にする。さらに、アクティブ・スタンバイの冗長二重化システムでは、複数の同装置を連動させ、切り替わりと同時に一方のシステムのシャットダウンと再立ち上げを行い、常に二重化システムを構成する役割を担うことができるなど、計画的にも緊急対応としても利用可能。

    高速、高機能、冗長化/集中管理・監視機能装備化/周辺デバイスとの連携化/GbE対応化/ARM Dual Processor採用化/Unix・Linux・Windows、仮想化・クラウド対応

    ●先端のARMアーキテクチャ採用
    ●I/O部に独立したMPUを採用し、dualプロセッサによる高度な制御を達成
    ●PDU等、周辺デバイスとの連携運用技術の確立