製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

セーフティコマンダ HT4P形

IDEC(株)

最終更新日:2023/08/15

このページを印刷
  • セーフティコマンダ HT4P形
有線LAN、メカニカルスイッチ搭載タイプ
【HT4P形】は、生産現場のタブレットに安全機能を追加したセーフティコマンダ。ISO 10218シリーズ 安全規格要求に準拠。USB/LAN変換器、USB Power Deliveryを内蔵。縦・横のどちらにおいても希望する位置で操作することが可能。エルゴノミクスデザインにより操作性が向上。10~13インチのタブレットに安全機器を簡単装着非常停止用押ボタンスイッチ、3ポジションイネーブルスイッチ、伸縮ロック錠、伸縮ロックレバーを搭載。ハンドストラップ(標準付属) 、ショルダーストラップ、防水コネクタ/ 有線LAN・スイッチ接点・電源接続ケーブルを用意。平置き、壁取付ともに対応。落下耐性1.2mの堅牢性を達成、IP54保護構造を採用。可動式取付けフック&スペーサにより、タブレットの電源/音声ボタンなどの干渉を防止。

動画

製品カタログ・資料

セーフティコマンダ HT4P形
セーフティコマンダ HT4P形

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:5.56MB【HT4P形】は、生産現場のタブレットに安全機能を追加したセーフティコマンダ。ISO 10218シリーズ 安全規格要求に準拠。USB/LAN変換器、USB Power Deliveryを内蔵。縦・横のどちらにおいても希望する位置で操作することが可能。エルゴノミクスデザインにより操作性が向上。10~13インチのタブレットに安全機器を簡単装着非常停止用押ボタンスイッチ、3ポジションイネーブルスイッチ、伸縮ロック錠、伸縮ロックレバーを搭載。ハンドストラップ(標準付属) 、ショルダーストラップ、防水コネクタ/ 有線LAN・スイッチ接点・電源接続ケーブルを用意。平置き、壁取付ともに対応。落下耐性1.2mの堅牢性を達成、IP54保護構造を採用。可動式取付けフック&スペーサにより、タブレットの電源/音声ボタンなどの干渉を防止。

会社情報

IDEC(株)

時代のニーズに対応した、最適なソリューションで課題に応えます。
設計から構築、サポートまで、お客さまからの要件に確実に対応します。
制御技術を核とするさまざまな製品・ソリューションに加え、コア技術を活用した新しい価値を 提供することで、ものづくりとくらしの未来を支えています。

IDEC(株)
〒 532-0004  大阪市淀川区西宮原2-6-64

https://jp.idec.com/
詳細はこちら

セーフティコマンダ HT4P形のお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

新着製品情報

レーザー遮光(保護)ウインドウ
レーザー遮光(保護)ウインドウエドモンド・オプティクス・ジャパン(株)
セキュリティコントローラ OPTIGA TPM SLB 9672 FW 15
セキュリティコントローラ OPTIGA TPM SLB 9672 FW 15インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)
非接触式油検出センサ エスリオ 高感度型H-1モデル
非接触式油検出センサ エスリオ 高感度型H-1モデル電制コムテック(株)
不燃透明フィルム フネンクリアII
不燃透明フィルム フネンクリアII石塚株式会社
危険領域侵入警報システム レーザーシールド
危険領域侵入警報システム レーザーシールド計測ネットサービス(株)

企業基本情報

社名:
IDEC(株)
住所:
〒 532-0004
大阪市淀川区西宮原2-6-64
Web:
https://jp.idec.com/

おすすめ情報

  • ≪SNAP-IN接続方式端子台 Sシリーズ≫

    【Sシリーズ】は、省工数を追求したSNAP-IN接続方式端子台。配線時において、工具とフェルールが不要。被覆を剥いた細より線(KIV電線)を端子台の接続口に差し込むだけで簡単に配線が行える。電線断面積は2.5mm2タイプで、0.5mm2から2.5mm2までの電線を接続することが可能。定格電圧:800V、定格電流:24A。Push-in式の「Aシリーズ」と互換性があり、組み合わせて使用できる。また渡り金具や止め金具などのアクセサリも共通。

  • ≪安全リレーモジュール HR6S形≫

    【HR6S形】は、マイコンの搭載により高度な自己診断とその結果の出力が可能な安全リレーモジュール。ISO13849-1制御カテゴリ1~4対応製品をフルラインアップ。機種により最大7種類の入力機器に対応し、ダイヤルを切り替えるだけでそれぞれの入力機器を接続できる。マイコンによる診断を行うことで、短絡箇所や同期エラー、また入力待ち状態といった約20のエラーやステータスを出力し、安全システムや機械の故障などによる生産の停止を防ぐ予知保全に貢献。LEDインジケータ数を増やしたことで、ほとんどのステータスを現場で確認できる。