製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

インピーダンスアナライザ IM3570

日置電機株式会社

最終更新日:2019/04/11

このページを印刷
  • インピーダンスアナライザ IM3570
  • インピーダンスアナライザ IM3570
  • インピーダンスアナライザ IM3570
  • インピーダンスアナライザ IM3570
  • インピーダンスアナライザ IM3570
  • インピーダンスアナライザ IM3570
異なる測定条件の高速検査を1台で実現
【IM3570】は、LCR/DCR/スイープの連続測定と高速検査を1台で実現するインピーダンスアナライザ。基本確度は±0.08%であり高精度、LCRモードで最速1.5ms(1kHz)、0.5ms(100kHz)の高速測定が可能。圧電素子の共振特性検査、機能性高分子コンデンサのC-Dと低ESR測定、インダクタ(コイル・トランス)のDCRとL-Q測定などに最適。アナライザモードにより、周波数スイープ測定、レベルスイープ測定、タイムインターバル測定にも対応可能。オプションのソフトウェア「IM9000」を使用すれば、代表的な5種の等価回路解析と解析結果を用いて理想周波数特性を算出し、実測値との差分を確認できる。また、コール・コールプロットおよびアドミタンス円などのグラフ表示が可能となる。

動画

製品カタログ・資料

インピーダンスアナライザ IM3570
インピーダンスアナライザ IM3570

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:2.88MB【IM3570】は、LCR/DCR/スイープの連続測定と高速検査を1台で実現するインピーダンスアナライザ。 基本確度は±0.08%であり高精度、LCRモードで最速1.5ms(1kHz)、0.5ms(100kHz)の高速測定が可能。圧電素子の共振特性検査、機能性高分子コンデンサのC-Dと低ESR測定、インダクタ(コイル・トランス)のDCRとL-Q測定などに最適。 アナライザモードにより、周波数スイープ測定、レベルスイープ測定、タイムインターバル測定にも対応。

会社情報

日置電機株式会社

オンリーワンへ挑戦し、高付加価値企業を目指しています。

日置電機株式会社
〒 386-1192  上田市小泉81

https://www.hioki.co.jp/jp/
詳細はこちら

インピーダンスアナライザ IM3570のお問い合わせ

お問い合わせはこちら
企業ロゴ

ランキング

LCRメータ IM3523
LCRメータ IM3523日置電機株式会社
100kHzハンドヘルドLCRメータ 880型
100kHzハンドヘルドLCRメータ 880型(株)常盤商行
燃料電池インピーダンスメータ KFM2005
燃料電池インピーダンスメータ KFM2005菊水電子工業(株)
LCRメータ LCR-6000シリーズ
LCRメータ LCR-6000シリーズ(株)テクシオ・テクノロジー
RS PRO LCRメータ各種
RS PRO LCRメータ各種アールエスコンポーネンツ株式会社

おすすめ情報

  • <遠隔計測サービス SF4100シリーズ>
    【GENNECT Remote】は現場に設置した計測器のデータを携帯電話回線とクラウドサーバを使ってWebブラウザで確認できるサービス。新発売のProでは、測定器の設定や測定器に保存したファイルのダウンロードも可能になる。今まで別々に契約をする必要があった、遠隔計測に必要な要素を全てをパッケージして提供することにより、わずか5分でサービスを開始し、遠隔地の計測器の設定やデータ確認を出張せずにできる。

  • <メモリハイコーダ MR6000>
    従来比10倍、200MS/sの高速サンプリングでインバータ試験にも対応する波形記録計・レコーダ。最先端技術の高度な要求を満たすフラグシップモデル。高分解能16bitの32ch長時間測定は多面的な分析を可能にするほか、タッチパネルを搭載し洗練されたUI、リアルタイムセーブ・超高速データ転送、コンシェルジュ機能により設定/測定/確認/解析までをスムーズに行うなどの特長を備える。限られた時間で最大の成果を実現する技術者のパートナーとなる1台。

  • AC/DCカレントセンサ CT6877

    <大電流・広帯域対応 高確度電流センサシリーズ>
    高確度測定のさらなる先へ。大電流化、高速化するEV/HEVインバーターの効率をより正確に測定できる電流センサシリーズのラインナップに、DC-1MHz, AC/DC 2000Aに対応する【CT6877】が新登場。同相電圧除去比(CMRR)を従来機と比較して大幅に改善し、今までノイズに埋もれていた電流を正確に測定できる。
    【CT6877】のほか、【CT6875】、【CT6876】、【CT6904】など、用途に合わせて選定することができる。いずれも、パワーアナライザ【PW6001】との組み合わせで最高のパフォーマンスを発揮する。