製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

ファイバ出力型レーザシステム FOM-A351D-S001

(株)堀内電機製作所

最終更新日:2015/07/31

このページを印刷
  • ファイバ出力型レーザシステム FOM-A351D-S001
極小スポットでさらに微細なはんだ付けが可能
【FOM-A351D-S001】は、プリント基板の後付け部品やデバイスなどの鉛フリーはんだ付け、および樹脂溶着にも対応したファイバ出力タイプのレーザシステム。ビームスポット径が標準でφ100μmと極小のため、さらなる微細なはんだ付けが行える。また、ロングレンジフォーカス対応で、はんだヒューム、フラックス飛散などによるレンズの汚れを軽減することが可能。

その他の情報

    ・35W 微細スポットタイプ
    ・ベルチェ空冷
    ・波長:808nm
    ・電源・電圧:AC85V~264V 50/60Hz
    ・消費電力:600VA
    ・本体寸法:W440×D443×H180mm
    ・ファイバ長:3m(アーマジャケットファイバ)
    ・同軸観察照射ユニット:同軸観察照射ユニット標準装備
    ・重量:約17.6kg

会社情報

(株)堀内電機製作所

誠意を持って顧客の要望に答え
創意をもって優れた製品を生みだし
協力しあって豊かな生活を築き上げる

(株)堀内電機製作所
〒 386-1321  上田市保野241

http://www.horiuchielectronics.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ファイバ出力型レーザシステム FOM-A351D-S001へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

おすすめ情報

  • <ファイバ出力型レーザシステム FOM-A351D-S001>
    【FOM-A351D-S001】は、プリント基板の後付け部品やデバイスなどの鉛フリーはんだ付け、および樹脂溶着にも対応したファイバ出力タイプのレーザシステム。ビームスポット径が標準でφ100μmと極小のため、さらなる微細なはんだ付けが行える。また、ロングレンジフォーカス対応で、はんだヒューム、フラックス飛散などによるレンズの汚れを軽減することが可能。

  • <12Wタイプ CO2レーザマーカ LSS-S070VAH>
    【LSS-S070VAH】は、限られた設置スペースにも設置が可能な小型のCO2レーザマーカ。レーザマーカとしての性能を損なうことなく小型・軽量化を実現。Windows PCに対応しており、Windows OSが搭載されたPCに接続することで、データの作成から印字までを一貫して行え、また、BMP形式の画像データを使えば、画像データの印字も可能。基板への印字はもちろんのこと、焼き菓子への印字などの用途にも使用できる。印字エリアが110mmの広画角タイプと45mmの標準タイプがあり、それぞれ横型、縦型を用意している。