製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

TTLパルスジェネレータ

オプトシリウス(株)

最終更新日:2014/12/19

このページを印刷
  • TTLパルスジェネレータ
Doric Lenses社製
本製品は、Doric Lenses社の小型TTLパルスジェネレータ。他の同社のオプトジェネティクス製品と一緒に使用することができる。プログラム化された発光パターンとそのトリガ信号は、オープンソース・ソフトウェアのグラフを使った画面によって容易に制御が可能。

その他の情報

    オプトジェネティクス(光遺伝学)では、神経など遺伝子操作されて光に反応する細胞の活動を調整するため、パルスの光が使われる。近年では最もシンプルなオプトジェネティックな実験でさえも、LEDやレーザーダイオードドライバを変調し、要望の光パルスのプログラム化された発光パターンを作ることが要求されている。固体レーザーなど光源本体で変調が不可能な場合、連続光をシャッタを使って変調する。

製品カタログ・資料

Doric Lenses社製ハイパワーファイバ出力LED光源 LEDCシリーズ
Doric Lenses社製ハイパワーファイバ出力LED光源 LEDCシリーズ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.23MB■特長 (1)高出力(同社取扱い製品比較)、(2)蛍光測定の励起光源として最適、(3)PC制御のパルスジェネレーター(オプション)でパルス発光可能、(4)小型・軽量な筐体、(5)最大4個のLEDを1本の光ファイバに高効率で出力可能なモデルあり、(6)ロータリージョイントタイプのLED光源も取扱いあり。

会社情報

オプトシリウス(株)

当社は光測定における世界No1のメーカを取り扱っており、これらの製品を軸に光計測関連の様々なソリューションを提供いたします。オーシャンインサイト (旧・オーシャンオプティクス)社は小型分光器の世界No1シェアを持ち様々なアプリケーションで利用されています。ラブスフェア社は積分球、光学測定システムの業界標準とも言えるトップメーカです。これらに関連したシステムの提供などお客様のご要望に対応致します。この他光測定部品、光通信関連部品、電子部品を取り扱っています。

オプトシリウス(株)
〒 115-0055  北区赤羽西1-2-14 MYビル

https://www.optosirius.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

TTLパルスジェネレータへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

ランキング

TTLパルスジェネレータ
TTLパルスジェネレータオプトシリウス(株)

おすすめ情報

  • ファイバマルチチャンネル分光器「flame」

    【flame】は、USB2000+、USB4000の操作性と機能をそのままに、新デザインにより熱による波長ズレを改善したファイバマルチチャンネル分光器。ユーザーによるスリット交換が可能、微弱光から強い発光に1台で対応できる。多様なアクセサリを組み合わせ、さまざまな光学測定が行える。標準のSMAコネクタから、FCコネクタへの変更も可能。


    ■モジュール式
    190-1100nmの波長範囲でアプリケーションやニーズに合った構成が可能
    ■互換性
    オーシャンオプティクスの光源、アクセサリ、およびソフトウェアと動作します
    ■使い易い
    マイクロUSB通信を介したプラグアンドプレイ
    ■ユーザ交換可能なスリット
    ご要求に応じて分光器の分解能やスループットを変更できます
    ■インジケータLED
    電源と常時データ転送ステータスのインジケータ
    ■小型、軽量
    89.1 mm x 63.3 mm x 34.4 mm そして僅か265 g

    PDF資料ダウンロードは、こちらへ

  • マルチモード光ファイバ

    短納期・低価格 
    カスタムファイバ&プローブ

    オーシャンインサイトでは、同社の紫外から近赤外に及ぶ広範囲の測定を実現するための光ファイバを各種取り揃えております。
    お客様のアプリケーションに応じて2つのグレード、9種類のコア径、そして4種類の対応波長帯域からご選択が可能です。
    標準品以外にも、お客様のニーズに合わせ、ファイバ長、リファレンスレグ、多分岐、耐熱被服、コネクタ等をカスタムして、オリジナルの光ファイバをご提供いたします。

    【PDF資料ダウンロードは、こちらへ】