製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

最終更新日:2021/02/16

このページを印刷
  • ブラシレスDCモータ BSG34
従来機の2倍を超えるトルク性能を実現
【BSG34】は、高エネルギー焼結ネオジム磁石を搭載した特殊ステータ設計のブラシレスモータ。急加速に対応する内部ロータ構造、安全な無電弧動作。長さ88.9×直径86.36mmのコンパクトサイズ。定格トルク:最大2.19Nmで、高性能と小型モータを要するアプリケーションに適している。

その他の情報

    ≪特長≫
    ・急加速に対応する内部ロータ構造
    ・8極モータ
    ・コンパクトサイズ:長さ88.9mm・直径86.36mm
    ・定格トルク:最大2.19Nm
    ・高エネルギー焼結ネオジム磁石
    ・安全な無電弧動作
    ・特殊ステータ構造 (銅による最適なスロット充填により、高いモータ定数kmを実現)

製品カタログ・資料

ブラシレスDCモータ 製品ガイド
ブラシレスDCモータ 製品ガイド

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:3.66MB標準型、スロットレス型、高速型、高性能型、特殊ステータ設計型、ドライブ内蔵型、外部ロータ型のご案内。

会社情報

日本ムーグ株式会社 東京支社(アニマティクス / コンポーネンツユニット)

このサイトではアニマティクス製品、およびコンポーネンツユニット(旧MCG)製品を紹介しています。アニマティクスの代表的な製品は、サーボモータ・コントローラ・ドライバ・エンコーダを一体型にした「スマートモータ」です。
コンポーネンツユニットでは世界トップシェアを誇るスリップリングをはじめ、ブロワやブラシレスDCモータを取り扱っています。いずれも米国に工場をもち、日本では営業・技術サポートを提供しています。スリップリングは代表的な型式については日本に在庫をもち1週間程度で提供が可能です。いずれの製品も弊社指定代理店を経由し販売しております。弊社または代理店へお気軽にお問い合わせください。

日本ムーグ株式会社 東京支社(アニマティクス / コンポーネンツユニット)
〒 180-0004  武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
電話 : 04-2220-1251

http://www.moog.co.jp
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ブラシレスDCモータ BSG34へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

小型スマートモータ SL17406D
小型スマートモータ SL17406D日本ムーグ株式会社 東京支社(アニマティクス / コ…
5相ステッピングモータードライバー MC-5514P/5514P-3
5相ステッピングモータードライバー MC-5514P/5514P…(有)マイクロステップ
カスタムオーダーファンユニット
カスタムオーダーファンユニット株式会社廣澤精機製作所 モーター事業部
直動型ステッピングモータ PFL20
直動型ステッピングモータ PFL20日本パルスモーター(株)
超小型マイクロギヤードモータ 80800A
超小型マイクロギヤードモータ 80800A株式会社ベテル

企業基本情報

社名:
日本ムーグ株式会社 東京支社(アニマティクス / コンポーネンツユニット)
住所:
〒 180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
Web:
http://www.moog.co.jp
TEL:
04-2220-1251

おすすめ情報

  • <一体型サーボモータ スマートモータ Class 5シリーズ>

    一体型サーボモータのスマートモータ「Class 5シリーズ」は、コントローラとドライバが一体になった一体型のDCサーボモータ。制御盤レスのためコンパクトで、配線数の削減を実現。シンプルな設計で使いやすく、不具合が発生した際も一体型モータユニットを交換するだけですむため、メンテナンスコストを大幅に削減することが可能。旧モデルと比較し、プロセッサー処理能力は約5倍。豊富な通信オプションにより、容易に制御が行える。

  • <防水・防塵対応一体型サーボモータ SM23165MT-IP>
    IP65/67に準拠

    【SM23165MT-IP】は、IP65に準拠した防水・防塵対応のサーボモータ。モータにマスターコントローラ機能とドライバを内蔵したシステム一体型であり、省配線・省スペース・開発時間の短縮など、メリットが多い。また、モータ内のメモリにプログラムを書き込むことで自律制御が行え、多軸制御も可能。新開発のCombitronic通信を利用することにより、補間制御も可能。